FC2ブログ

奈良美智 for better or worse

続きまして。

豊田市美術館で開催中の,奈良美智 for better or worse を観に行ってきましたよ。


奈良美智といえばこういう上目遣いの女の子のイラストだね。
このイラストのイメージしか,ないw

展覧会へ行けば,他のイラストもいろいろ見られるのかな…
奈良美智の初期の作品ってどんなんなんだろ…
って思って行ったけど,

その期待は裏切られw,
初期からずーーーーーっとあの絵ばっかりだったwww

だから展示の最初の方は面食らった。
他の作家によくある,「初期の作品は全然違うタッチ,
でも途中のこの時期からこの作風が生まれて」みたいなやつ,無かったwwww
初めからずっとあの絵www(あの絵ばっかり選ばれているのかもしれない。)

まあ正確に言うと,展示の一番最初は
奈良美智の蔵書と,おもちゃ・レコードコレクションが並べられてた。
子どものころ影響を受けたものたち,だそうだ。
ここで真っ先に感じたのは
 
「金持ちかよ…!!!」
だった笑。

大人までに集めたコレクションならわかるけど,
高校時代まで…って書いてあって
こんなにレコード持ってるの?蔵書持ってるの?ww
って感じでしたわ。

それはさておきw
今回の展示はほとんどが先の女の子の絵で,どれもこれも,似たよーな絵…
かと思いきや,よくよく見ると違うのである。

笑っているようで
悲しんでいるようで
怒っているようで。

髪型や服装もちょっとずつ違って,
子どものようにも
大人のようにも見える。
知らない子どもかもしれないし
知っている子どもかもしれないし
よく知らない女性かもしれないし
よく知っている女性かもしれないし
ただならぬ関係の女性かもしれないし
愛情で結ばれた関係の女性かもしれないし。

見る人の心を映す絵だなあと。
これまで真面目にしっかり見たことなくて,
女の子とか、子どもとか,そういう風に見えてたんだけど
いろんな見方ができて面白い。
(後でチラシをみたら,似たようなことが書いてあった。
そういうところが評価されてるらしい。)

そして,中には立体作品もあって,
奈良美智の作品は立体になると途端に面白さが倍増する。
立体にとても向いている絵だから立体作品はより面白さが引き立つ。
絵とはまた違って純粋に楽しめていいな。

これまで,正直好きでも嫌いでもなかったけど
面白いなあと思うようになった。

今回の展示の戦利品。↓
なお,中央は今回の展示のチラシ。


迷ったけどポストカードにしちゃった。
左上は立体作品の写真ポストカード,右下はミス・マーガレットっていう
名前の作品だったはず。
この絵だけでも,中央の子と,右下の子が似て非なる人物だということがわかるかな。
(え?同じに見える?www)

見る人の内省を引き起こすような作品も,面白いなー。
スポンサーサイト

ピーターラビット展

名古屋市博物館で開催中の,ピーターラビット展に行ってまいりました。
会期は9月16日から,11月15日まで。
ちょうどタイミングがあったので,開催初日に行ってきた―\(^o^)/
初日だったけど,台風も来てたからか,意外に混んでなかった!
ピーターラビット作者のビアトリクス・ポター生誕150年らしい。
そんなに前の人だったんだ。。。

ピーターラビット展!って聞いて,これは行かなくては!
って思って前売りを買ったんだけど,
「ピーターラビットってどんな話だっけ?」って聞かれて
答えられなかった…(;´・ω・)
あれ?どんな話だっけ?

って思ったんだけど,ピーターラビットは絵本だったのね。
んで,日本で発行された絵本を調べてみたら,
なんとなく見覚えのあるやつも…。保育園の頃に読んだかもしれない。
でもストーリーはさっぱり忘れてて。

ただ,なんかピーターラビットのことをよく知っている気がしてて
これはなぜなんだろう?と思ったら,幼少時代のフォトアルバム
(もちろん写真を差し込むタイプのやつ)の絵柄が
ピーターラビットだったことを思い出した。

子どものころの何かにキャラが使われてると
そのキャラのストーリーとかを知らなくても
親近効果か,なんか好きになるよね~
学習デスクにひいてあったマットに最初挟んであった紙(で伝わる?w)が
サンリオのマロンクリームだったから,なんだかマロンクリームは好きだった。

と,これは余談なんだけど
前置きが長くなりましたがw,見てきました~

原画がいっぱい展示してあった!
原画は,絵本や挿絵用だから,思った以上に小さいものばかり。
もともと大きく描いて,それを縮小して使用…かと思いきや
19~20世紀初頭はそんな時代ではなかったw 原寸だったw
だいたい,横8cm,縦10cmとかそれくらい。目分量だけど。
しかし絵はめちゃくちゃうまい。書き込みがすごい。繊細。

展示によると,キノコの研究したり,いろんな動物をペットとして
それを観察して絵を描いたり解剖したり,かなり研究熱心だったみたい。
その緻密な観察があの繊細なイラストにつながっていたとは,知らなかった!

絵本作家としてのデビューは案外遅くて,34歳の時に私家版を発行してのちのこと。
そこからは売れっ子作家として登りつめてゆく。
でも,その人生はよいことばかりではなく。
良い人と出会って,プロポーズされたけど家族に反対され。
そうこうしているうちに,相手の男性が亡くなってしまったり。

その後も別の良い人と出会うけど,それも家族に反対され。
結局その人とは,押し切って?結婚するけど,なかなか大変だね。
でも,その間も絵本をいっぱい出してるっていう。すごい。

ピーターラビットは,いまや日本でも広く知られて,
絵本やグッズも広く出回っていて…商業的なアイコンのイメージが強いかもしれないけど,
べアトリクスがピーターラビットのお話を考えたのは
少年に送った手紙がきっかけだったのよね。
純粋に子どもを楽しませたいとか,喜ばせたいとか
そういうところが出発点だったんじゃないかなあ。

ビアトリクスは晩年,絵本などで得た収入をもとに,
ナショナル・トラスト運動もしていたし,
自然もとても愛していたようだ。

人を喜ばせたいとか,自然が好きだとか,
そういう心が根幹にあったのではないかと想像する。
(ビアトリクスの解説本とか読んでないからあくまで想像だけど)
人生も波瀾万丈で,人間らしい一面も垣間見えて,
結構面白かったなあ。ピーターラビットがますます好きになった。

そして展覧会グッズの可愛いことよ…(笑)
どれもこれもほしくなってしまった(゚Д゚;)自重したけど…。

そういえばピーターのお父さんって,マクレガーさん(人間)の奥さんに
パイにされてしまったんだって…。結構残酷ーー
公式ホームページのキャラクター紹介でも,お父さんだけうさぎの姿ではなくて
パイで描かれているっていうwww

というわけで,ピーターラビット展のレポートでした。
会期はまだまだあるので,興味ある方はぜひ。