FC2ブログ

「ひなぎく」観てきました

久しぶりに映画を。
「シン・ゴジラ」でもなく,「君の名は。」でもなく。
「スーサイドスクワッド」はちょっと観たいと思っていたけど
それでもなく。

1966年のチェコスロヴァキアで製作された映画である「ひなぎく」。
http://hinagiku2014.jimdo.com/



1960年代のガールズムービー。
様々な女優やモデルもお気に入りの映画として挙げるこの映画。

って書いてあって
可愛い女の子が出てくる映画観たい!!
って思って観に行ったのだが

侮るなかれ・・・・


反体制ムービーであった…

明快なメッセージはないものの,
退廃的で,もの悲しく,終わりに向かうにむけて,
あ,これは政治的含蓄・・・

と思った。それもそのはず。
このころのチェコスロヴァキアは,社会主義体制からの民主化を求めていた時代。
この映画の公開の2年後には,プラハの春が推進されている。
激動の時代に製作された映画なのだ。

男たちをだましてご飯をおごらせたり,
部屋を燃やしてソーセージをあぶって食べたり,
豪華な食事を踏み荒らしたり。
ヒロインの女の子二人はハチャメチャで破天荒だし,
ストーリーもほとんどないと言っていいけど
ちょいちょい発する言葉や,
ふと立ち止まって考えてみると,あれ?って思うような設定が
観終わったあとになんとも後味が悪い。(いい意味で)
特に最後のほうのメッセージは強烈で,どきっとした。

時代背景とかの詳しいことを知らなくても,
ただならぬ空気 を感じる映画であった。

さらに,先のホームページに,いろいろな背景となる情報が載っており,
時代背景なども合わせて納得。

ヒロインの女の子二人,とてもかわいいんだけど
演技は下手なんかな…となんとなく思っていたら
やっぱりオーディションで選ばれた素人さんだった。
でも,ほんとうに可愛い。可愛いは正義。
おしゃれ映画であることは確か。



今日,この映画を観る前に,詩の教室で石原吉郎という人の詩を読んだ。
彼はシベリア抑留を経験している詩人であり
彼の詩の根底には,シベリア抑留を含めた戦争の経験が流れている。

彼の詩を読むとき,この予備知識を知っていると,
どうしても彼の詩を彼の経験から引きはがして読むことができない。
しかし,それは彼が望まなかったことだそうだ。
つまり,詩は詩として鑑賞してほしい,「シベリア抑留の人が書いた詩」として
鑑賞しなければ成り立たないというのは望んでいないということ。

私は,戦争の歴史について結構勉強してきたので
彼の詩を読むと結構わかりやすいというか
場面が想定しやすかったのだが
他の人は難解だねと言っていてやっぱり受ける印象は
持っている知識や経験によって違うようで

でも「ただならぬ空気」みたいなものは感じる詩であった


そして今回の「ひなぎく」,
プラハの春については私は不勉強で
一般的知識くらいしか持ち合わせていなかったのだが

明快に描かれていないなかに,「ただならぬ空気」を感じた。

そういう意味で,映画としてとても成功していると思う。
良い映画だったと思う。こういう詩のような映画,好き。
もう一回観たい。

シンゴジラでもなく,君の名は。でもなく,ひなぎく の話であった。

スポンサーサイト

サミュエル・フラー「裸のキッス」

先日,映画を観てきました。
サミュエル・フラー「裸のキッス(The naked kiss)」(1964年)

サミュエル・フラーさんはアメリカの映画監督なんだけど
自伝が出たのを記念して,各地のシアターで連続上映してるみたいです。

私は全然よく知らなかったんだけどね…。
たまたま観たって感じで,先入観なく見ました。

まあ当然のことながら,1964年の映画なので白黒。
見慣れてない,しかも認知能力の低い私には情報が少なくて
顔の区別がつきづらいよー\(^o^)/西洋人みんな同じに見えるよー\(^o^)/
…って思ったけどやっぱり映画館のスクリーンで見ると見やすいから
そこまで抵抗なかったわ。家でDVDで見ると全然区別つかないけど(笑)

主役のケリーこと,コンスタンス・タワーズ様の美人なこと,美人なこと。
そして冒頭のシーンでその美女が殴る蹴るの暴行の挙句,スキンヘッドになるから
度肝を抜かれた。

主役のケリーは売春婦だったんだけど,とある町に越してきて
足を洗って障碍者施設で働きだす。

視聴者?としても,最初はケリーを信じていいのか,半分疑ってる感じで見てた。
(偽善なのかな?とか)でも,弱気を助け,強気をくじく姿を見ていると
だんだんケリーを応援したくなり…
地元の名士グラントに見初められてついに結婚することになり,
ケリーおめでとう!!って思った矢先。
まだ映画の残り時間30分くらいあるからこの先どうなるんだろ。と思っていたら
かなりショッキングな展開に。そこから前半に仕込まれた伏線が見事に回収される。
あいつヤバそうだと思ったんだよ…やっぱりな…みたいな。笑

ぜんぜん前情報なく,先入観なく観たのもあって,
展開が予測できなくて最後まで飽きずに楽しめました。
50年以上前の映画だったけど違和感なく。
思いのほか面白くてよかった。
他の映画も観てみたいなと思いました◎

例の座椅子の映画館だったけど今回はお客まばら過ぎて6人ぐらいだった(笑)

ボロボロのミニシアターで映画観るの最高に楽しいぜ。
しかも今回は一人で。
人と観るのもいいけど,一人で観るのも楽しい。
思いっきし余韻に浸れる。

次は何を観に行こうか,今からわくわくしている。

「あまくない砂糖の話」の話

今日,運動した記憶もないのに,脚やら背中やらに筋肉痛が…。

( ゚д゚)ハッ!

きのう映画見たからだ!!

~~映画と筋肉痛の関係はのちほど・・・~~~


というわけできのう映画見ました。

「あまくない砂糖の話」というやつです。公式ホームページはこちら

例の名古屋シネマテークで見てきたよ。鑑賞会員になったのは実はこのため。(笑)

ドキュメンタリー映画です。
「スーパーサイズ・ミー」(って私も実はよく知らなかったんだけど)みたいな,
出演者が身体を張って実験するドキュメンタリー。

オーストラリアの映画なんだけど,かなりの反響があったみたい。
どんな実験をしたのかというと…

●実験のルールは5つ(公式HPより)
1.1日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること
2.ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける
3.低脂肪ヨーグルトやシリアル等の「実は砂糖が多い食品」から摂る
4.必ず「低脂肪」の食品を選ぶこと
5.ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続けること


お医者さんの指導のもと,↑の実験を60日間試したとのこと。
このティースプーン40杯は,オーストラリア男性の1日平均なんだってサ。


もともとドキュメンタリー映画って結構好きなんだけど
これは飽きずに見れたな~(^◇^)

なんというか…見せ方に工夫がされてた。
あとお金かかってる感じした。笑
映像に工夫が凝らしてあって。普通,ドキュメンタリー映画って
明らかに低予算!って感じで普通の部屋で人が淡々と話してるんだけど
これはエンターテイメント風に見せててテンポよかった!!!

で,内容も,一応実験がメインなんだけど,
砂糖の本場(?)アメリカを訪れたり,
砂糖がアボリジニーの生活を破壊していったという砂糖にまつわる文化も
紹介したりしてて,大変興味深かったです。

食事・・・というかほんとうに身近な砂糖の影響の大きさを改めて思い知った…

最近ナショジオとかでも砂糖取りすぎ特集みたいなのあって
危機感抱いてたし,お医者さんからも砂糖控えよみたいな指導もあって…
(東洋医学では甘いものは身体を冷やす要因になるそうで…)
自己啓発のために見たけど効果てきめん。

と言いつつ・・・危機感はあおられたけどお菓子やめられまてん(´;ω;`)ブワッ

映画の話に戻ると,被検者?のガモーの身体には次々に変化が起こってくるわけなんだけど,
驚くべきことは,実験前と実験中では,摂取カロリー自体は変わらないんだよね。
脂質よりも,糖質の方がカロリー低いの。だから砂糖いっぱいとっても,
カロリー自体は変わらない。けど身体にはたくさんの変化が・・・
つまりこれの意味するところは,

ダイエットはカロリーだけ見ててもダメ

ってことなんだよね。
わたし,今まで完全にカロリーしか見てなかった(´;ω;`)ブワッ
糖質制限とか,今はやってるけど そういう方が効果あるんだろね・・・

フルーツとかナッツとか食べてても味気ないもん・・・
あまーいチョコレートとかクリーム挟まったクッキーとか
そういうやつ食べないと満足できん(+o+)

まあでもこの映画によると,砂糖と脳の関係も結構大きいみたいだから・・・
これからは可能な範囲でお砂糖控えたいところです。
(完全に抜くのは無理だろうで)



ですっかり忘れてましたが最初の筋肉痛の話に戻ると


私が「あまくない砂糖の話」を見に行ったのは公開2日目で,大盛況!
会場のシネマテークはボロボロでせっま~~い映画館なわけです(失礼)

で補助椅子が置かれてたんですが・・・・


座椅子(笑)


まさにあれ。L字型のあれ。

最初は「足のばせるしいいじゃん☆」って思ってたけど
100分以上も座ってるとお尻痛いのなんのって。

で変な姿勢を取り続けてたら今日筋肉痛になってしまったというわけだ・・・・。

映画館で座椅子で見るとは思わなかった・・・(そこではこれが普通なのかもしれん)

でもそんなふうにして見る映画もなんかわくわくして楽しいなと思ったのでした。

・・・筋肉痛にならなければね。

シネマテークの鑑賞会員になりました

名古屋の今池エリアが好きです。千種・今池・池下あたり。

名古屋の中でいちばん好きな街かも。
もう何年も通勤で通ってるけど,ずっと好き。

なんとなく治安が悪そうなイメージがあるんだけど
(パチンコ,風俗・キャバクラ,ドン・キホーテがある笑)
意外にそうでもない。
危険な目に遭ったことも,危険な人を見たこともほとんどない。
まあ危ないところに突っ込んでいったら危ないかもしれないけど…

人の息づかいと,街のざわめきが感じられるから好き。
朝と,昼と,夜とではまた雰囲気もぜんぜんちがう。

早朝の今池は,にぎやかな夜の煌めきが嘘のように静かで
昼間は明るくて活気があって人がたくさん行き交い
夜は電灯やネオン(って最近あんまり言わないけどほんとにネオンって感じ)が人を誘う。
毎日通っても飽きない街。

今池にはイオンモールも,若い子が買うような服飾雑貨店もないんだけど
味仙もあるしスギ薬局もあるし郵便局もライブハウス(行かないけど)もある。笑

今池でご飯を食べ 今池で勉強し
今池で映画を見て 今池で本を買い
今池で医者にかかり 今池で願書を出し
今池で語らい 今池で恋をする
みたいな。(最後のほうフィクション)


で,なんでこんな今池今池言っているかというと表題。

名古屋シネマテークの鑑賞会員になってみました。

名古屋シネマテークとは,知っている人は結構知っている,
知らない人はぜんぜん知らない,今池にあるミニシアターです。

私は社会人になるまでこういうミニシアターの存在すら知らなかった。
名古屋ではほかにシネマスコーレや,名演小劇場なんかも有名。

物理的な環境としては,名演小劇場の方が快適だから好きだけど,
(シネマテークほんとボロボロなんだよね…笑)
観たいなあと思う映画がなんとなくシネマテークの方が多くて…。
そんなにふだん映画観ないんだけど,これを機に観るようにしたい。
少なくとも会員のもとをとるまでは見ないと。笑

今年はじぶんを豊かにするためにいろいろなところから
栄養を取っていきたいと思います。

風立ちぬ

宮崎駿監督の新作映画,「風立ちぬ」
20日公開だったんだけど,実は友人に試写会の券をいただいていたので
15日に一足先に見てきました。

http://kazetachinu.jp/

ジブリにしては珍しい,実在の人物をモデルにしたもの。
(と,いっても,堀越二郎+堀辰雄のフィクション)

以下,感想。ネタばれ有~


スマホからだと直に表示されてしまうのでお気をつけあれww









-----------------------------

続きを読む