FC2ブログ

アドルフ・ヴェルフリ観てきた

今,名古屋市美術館でやってる
「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」
に行ってきた~!!
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2016/aw/


ゴッホ展と違って,会期は3月7日から4月16日までと,かなり短め。。。
これはかなり楽しみにしてた!!
いわゆるアウトサイダー・アートの展示なので…。

アウトサイダー・アートは,正規の美術教育を受けてないアートのこと。
元来,フランス語で,精神障碍者や,受刑者などのアートをさす「アール・ブリュット」って概念が先だったようだけど,
英語の訳されるうちに概念の範囲が広まったようだった。
ただ,日本で「アウトサイダー・アート」というと,
フランス語で言う「アール・ブリュット」のほうに近い認識のようだ。

(※以下,正規の美術教育を受けてないアート→「アウトサイダー・アート」,
精神障碍者・受刑者などのアート→「アール・ブリュット」って使い分けますのでよろしく。)

アドルフ・ヴェルフリ以外の有名な人だと,アメリカのヘンリー・ダーガー(「非現実の王国で」),
日本人では山下清がそれに該当するようです(^v^)
そういえばジミー大西もアウトサイダーかもしれない。今は絵描いてないっぽいけど。

アウトサイダー・アートは個人的にとても興味がある。
こうして生の絵を見られるっていうのはかなり貴重な機会でした。。。


絵は,まるでミニアチュールのようだった。
立体感や奥行きなんかはなくて,平坦なんだけど,
鉛筆で細かく描きこまれ,時に着色されていた。
一つの絵のサイズもかなり大きかったので,迫力もあって。

アール・ブリュットは,凄みが,ある。と思う。

その絵で,有名になろうとか,食べていこうとか,そういうものじゃなくて,
自己を表現するものとして,純粋に描かれるから,
生きていることがそのまま絵と重なる。
絵の背景には,経済活動や生活じゃなくて,描き手の血潮や鼓動などが,見えるようだった。
(ヴェルフリの場合は,晩年はその絵を売って少しばかりの
お金を儲けていたようだったが,病院の中での売買だったため,
それによって富を築くとか,そういう感じではなかったと思う。)

もちろん,普通の画家だって,生きることは描くことだ!って
描いている人もたくさんいるだろうし,一つ一つの作品に
魂がこもっていると思う。

けど,なんていうのかな…。理論をさしはさむ余地がない。
言葉を,思考を,超えているように感じる。
絵を見て,頭で考え,言葉で説明することの無力さを覚える。
そこに凄みがある。説明がつかない。


ヴェルフリは,とても不遇な幼少時代を過ごし,
いろいろな不幸や不運が重なるうちに,
問題や事件を起こすようになり,統合失調症と診断され,
精神病院の中で作品を描き続けた。

彼が初期につくりあげて自叙伝である,「ゆりかごから墓場まで」は
その辛い幼少期を書き換えるものになった。

・・・・(´・ω・`)

辛いことがいっぱいあった人生だったから,この作品が生まれた。
けれど,彼が温かい,豊かな家庭に生まれていれば
彼自身は精神を病むことはなく,絵は描かなかっただろうけど,
幸せに生きられたのかも・・・・・・。
(統合失調症は発症メカニズムは不明で,一部は遺伝,一部はストレスともいわれる)

なんて思ったりもしたけど
歴史に「たられば」は禁句だ。
たらればって言っていいのは東京の女性3人組だけだ。笑

いま,こうして,こういう時代だから作品を見られること,
作品を通してヴェルフリの人生を見られること,
それは彼が苦難の人生を歩んできたからこそのこと。
彼の苦難の人生には大きな意味があった,と思う。

けど,ひとつやっぱり気になるのは,
こういう時代だからアウトサイダー・アートが評価されるけれど
彼自身は精神を病んでいたとはいえ,性的暴行でつかまったりしてて,
そういう被害者がいるっていうのがね。。。

もう被害者は亡くなっていることと思うけど,被害者の子孫とかいるかもしれないし。
被害者の子孫は,こうして世界で評価されていることを
どうやって見ているんだろうなあ。と。なんだかちょっと複雑です。


展示は,土曜日だってのに人が少なく,笑
快適に見られた。

名古屋市美術館には,「ゴッホとゴーギャン展は愛知県美術館で開催中です」
っていう看板が立っていた。間違えてくる人が後をたたなかったのだろう。
間違えて来た人も,見ていけばいいのにな。って思った。

こういう展示,とても好きです。


アドルフ・ヴェルフリが終わったら,満州国の写真展をやるそうなので,
これも必見なり。

スポンサーサイト

ゴッホとゴーギャン展

先日,愛知県美術館でやっていた「ゴッホとゴーギャン展」に行ってきた。
http://www.g-g2016.com/aichi/


昨年末に東京でやっていて,今愛知。巡回展で次どこかは知らない。

大盛況だったからあまりゆっくり見れなかった。

そして,絵は別によかったのだが,私は展示の構成に少し不満を持った。
解説が初学者にはあまり優しくなかった。
また,構成の意図がわかりにくかった。
彼らの人気にあやかって,若干手抜き?と思ってしまった。

私の興味を一番引いたのは,最後の年表だった。
ゴッホの年表を見ていると,なんだか「かわいそうな人」のように思えてきた。

また,もともとはゴッホよりもゴーギャンが好きだと思っていたのだけれど
今回の展示ではゴーギャンよりもゴッホの方が印象に残った絵が多かった。

その日はなんとなくすっきりしない気分で展示を後にしたんだけど
だんだんとゴッホのことが気になり始めた。

女性に振られまくるし,どこいってもうまく働けないし,画家を志したのは27歳だし,
弟にお金もらってたし,ゴーギャンとはうまくいかないし,精神病だし,37歳で自殺しちゃうし・・・・

なんなの。(笑)



結局,ゴッホの本を買って,ドキュメンタリー映画を見た。

本は,圀府寺司(こうでら つかさ)さんの「ゴッホ 日本の夢に懸けた芸術家」というもの。
こうでらさんは今は広島大学の教授で,ゴッホとかの研究をされているようだ。


この本はめちゃくちゃよかった。。

絵画写真もカラーで掲載されてるし,ちゃんとした研究に基づいて書かれている。
もともとゴッホは手紙魔で,大量の手紙が残っているので
その手紙を引用しながら,ゴッホの人生と,絵が描かれた背景について詳しく解説している。
どうしてこの絵が生まれたのか,このモチーフはなんなのか。
史料を元にした筆者の解釈がとてもわかりやすい。

何より筆者のゴッホ愛が伝わってきて,読んでいて楽しい。
それはゴッホを賞賛するんじゃなくて,「ゴッホはこういうところあるから…はあ。しょうがないよね。」みたいな
すこしdisりつつも,そんなところが愛おしい,みたいなところがいい。(笑)

これを読んだらなんかゴッホのことめちゃくちゃ好きになってしまったわ。笑
ほんと残念な人だよ,この人は・・・。近くにいたら嫌だろうけどね。笑

映画の方は,2009年の「ゴッホ:天才の絵筆」っていう海外ものなんだけど
これはあんまりよくなかった。。
和訳(字幕版)の問題もある気もするけど。


そんで結局思ったことは,「ゴッホとゴーギャン」ってくくりでやった展示だったけど
思ったほどゴッホとゴーギャンのつながりって濃密じゃないんだよね。

一緒に暮らしたの2か月だし。
ゴッホは南仏のアルルを楽園とみなして,夢いっぱいで始めた生活だったけど
ゴーギャンはお金に困ってたから身を寄せただけであって
思想や構想が共有できていたわけではなかった。

そこがあの展示の違和感の一番の原因だったかもしれない。

「ゴッホという画家,ゴーギャンという画家を同時に紹介する展示ですよ。」
ってことなら,たぶん普通に見れたと思う。
「ゴッホとゴーギャン展」っていう名前から私は,彼らの「つながり」が
浮かび上がる展示なのかな?って期待しちゃってたところがあった。

もちろん,まったくないわけではなかったけど・・・。
見ていて,なぜか私は二人の温度差を感じてしまった。
見る人によっては,二人の心の交流とかを感じることができたんだろうかー。



結局,こうしてゴッホについて知って,また展示を見たくなっているという。(笑)

もう一回行っちゃうかも。


こうやって考えたら,ゴッホとゴーギャン展,完全に成功してるよね。笑

未来少年コナンが最高すぎる件

ここ2週間くらい,未来少年コナンにどっぷりはまっておりました。

未来少年コナンとは。。。

・1978年放映,全26話
・監督:宮崎駿
・製作:日本アニメーション
・放送局:NHK

というアニメです。1978年なので,約40年前!!のアニメだったのね。

私が未来少年コナンのことを知ったのは,多分,15,6年前。
小学校高学年くらいのときに,姉が,アニメディアか,アニメージュか忘れたけど
何かアニメ雑誌を買ってきた。
アニメ雑誌なんてものがあるってことを知らなかった私は,好奇心から見せてもらった。

そこに掲載されていた,小さな未来少年コナンの記事。
時期からして,テレ東とかでの再放送についての記事だったと思うんだけど
それを初めて見たとき,「このアニメ絶対面白い!!」って思った。
コナンとジムシィが出会う3話のワンシーンが掲載されていたと思う。
その時初めてみたジムシィ(当時は名前も知らなかったけど)が気になって,気になって…

残念ながら私の居住エリアではテレ東が映らず,
GEOとかで並ぶアニメDVDを見ては気になっていたけれど,
当時はそんなアニメシリーズ(全7巻)のDVDを見たいなんて親にも言えず…
(だって7巻分も連続で借りに行く財力と借りるための交通手段がいるでしょ笑)

そうこうしているうちに記憶の彼方へ・・・・


で,今回アマゾンプライム会員になってアマゾンビデオを見ていたら発見した
未来少年コナン!!!!

これは観たい!と思って見始めたらもうどっぷりはまってしまった。

そりゃ突っ込みどころがないかと言えば多少あるけどw,
面白いのなんのって。

私の中での宮崎駿熱は,ハウル以後すっかり下火になっていて,
結局最初のナウシカとラピュタを超えられず。。。
(せんちひも好きだけど結局初めてラピュタを見たときの衝撃には到達しなかった)

新しいアニメ作品もバンバン出てきて
時代も遷り変っていくのよな・・・なんて思っていたところ

このコナンには初期の宮崎駿のエッセンスが余すところなく詰め込まれており
やっぱり宮崎駿,すごい。って思った。
結局初期の宮崎駿が好きなんだろーなあ。。。冒険活劇的なやつ。
登場するキャラも,のちの宮崎作品の原点になったのかなって思うような人もいたり。
(ラナはシータでレプカはムスカ。。。世界設定自体がナウシカっぽい)

わくわく,ハラハラして,泣き所もかなりあって,
青山剛昌にうらみはないが,なぜコナン・ドイルから名前を取ってしまった・・・と思わざるをえなかった。笑
(※名探偵コナンと名前がかぶり,コナン=名探偵をいう印象が日本中を席捲した件について。
それだけ名探偵コナンも素晴らしい作品だということなんだろうけど。)


きっとふだんこのブログを読んでいる人は,これから未来少年コナンを見ないだろうし笑,
あとは「未来少年コナン」で検索してたどり着いている人が読んでいるだろうから
ネタばれも臆さずに以下に感想を記す。


・ジムシィが愛らしすぎる。やっぱり初めて雑誌で見たときから気になっていたキャラ。
だらけてて,しょーもないところもあるけど,コナン愛は半端ないし,素朴すぎる。
そしてテラとのやりとりがほほえましすぎる。養豚業を頑張るってところもキャラに合ってていい。

・コナン,不死身すぎる。このアニメにケチをつけるとするならば,ココwww
不死身だからアニメなんだろうけど,人間離れしすぎていて,リアリティが途中からなくなってきたw
爆発とかに巻き込まれてもどうせコナン死なないだろ?って気分になったw
コナンはすごくまっすぐで,好きなんだけど,いくらなんでも不死身すぎるw
三角塔から飛び降りるシーンでは,あんな高いところから飛び降りて平気な人間っていないのでは。。。

・ラナ,いい子すぎる。たまに「もういいよそのいい子はw」って思うくらいに。
「コナーーーン!!!」って目を潤ませながらしょっちゅう叫んでたけど,上の理由により,
どうせコナン死んでないって思ってるだろ?という穿った大人の見方をしてしまった。
コナンとラナが人間離れしすぎているんだな。。。

・ダイス。3分の2くらいまでは,こいつしょーもないやつだな。って思ってたけど,
最後の方ではだいぶいい人になった。みんなでインダストリアから脱出~ラストでは
ジムシィとのコンビで大活躍。ここでみんなダイスの活躍を目で追うようになっただろう。
モンスリーとのやりとりにどきどき。ちなみに声優は2014年に亡くなった,
初代波平の永井一郎さんなんだけどめちゃくちゃいい。やっぱ名声優だ。

・モンスリー。このアニメでじつは一番人気なんじゃなかろーかと思う。
最初はひたすらに嫌な奴に見えてたんだけど,後半,アイデンティティの危機を乗り越えて
自分がどのような人生・幸福を望んでいるかについて気づいてからは(と私は見た)
昔の「モンスリーちゃん」が復活。そこからはひたすらかわいい。
最後の方はナウシカにかなり近づいてた。。。笑
ダイスとのやりとりにキュンキュン。宮崎駿の描く強い女性ってなんでこんなに魅力的なんだろう。
ちなみに年齢設定は28歳だった。同い年やんけ。。。

・コナン,ラナ,ジムシィはキャラが割と一貫しているけど,このダイスと
モンスリーが変わっていく姿も,ストーリーを魅力的にしている要素だと思う。
子どもじゃなくて,大人が変わっていく姿,そこに心打たれる。

・ストーリー全体としては,ハイハーバーに着いたところで,平和ボケしててなんかたるいなあって
一瞬思ったけど,すぐ終わって冒険活劇が復活したww
というわけで全体的に息つく暇もなかったです。

・乗り物類も光っていた。特に目立っていたのは,ファルコとギガントだろう。
モンスリーがギガントからの攻撃をかわしながらファルコを操縦するシーンは
かっこよすぎた。空の女モンスリー!
一方,ギガントはあまりにも壮大。案外,コナン達の人力による破壊で壊れたけど,
そのグロテスクな見た目や,永遠に飛び続ける空中要塞というコンセプトは
観る人を惹きつける魅力をもつ。


すいません長くて。

で,もう,すぐにメモリアルアルバムを注文したよね。。。
サントラも買おうか迷っている。プラモデルもほしい。ギガント机上に飾りたい。


ちなみに,未来少年コナンは,母もリアルタイムで見ていたというアニメだ。
当時,23歳で,結婚して数年後のこと。
へー。。。大人でもリアルタイムで観るんだ。って思ったけど
よくよく考えたら私よりも5つも若いやんけwwwwすいませんwwwってなった。


未来少年コナンロスです。世の中は逃げ恥ロスで盛り上がっているというのに。
(そもそも最終回も,テレビで逃げ恥やっているのに,イヤホンつけてコナンの最終話を
見てしまった。いつでもコナンは見れるのに,もう自分を止められなくて。
逃げ恥も時々見てたのに。。。)

さて,次は何をみようかな。

sims廃人

お盆休みの前から,今日までずっと,忙しい日々を過ごしていました。
しばらくはまだ忙しい日が続きそうなのですが。

この間,お盆休みは岩手旅行に行って宮沢賢治の足跡を辿ったり
いろいろと楽しく過ごしておったわけですが。

ここ一番特筆すべきことは,ただひたすらに

the sims フリープレイ」(iOS/android/kindle)

というゲームばっかりしていたということです。

会社の隣の席の人と前の席の子もしていて,
日々進捗を話し合ったり,助け合ってクエストをしたりしていました。

あんまりゲームしない私なのですが
珍しくこれにはハマり。

しばらく前にポケモンGOに夢中になったと書いたのですが
もうこのゲームはじめたら
すぐにポケモンGO辞めちゃいましたwwwwwwwwwww
(隣の席の人もこれを始めてポケGOすぐに辞めたっていうw)

ポケモンGOは自制できない人がやると危険だから
みんなsimsやるといいよw運転中にやる意味ないからw

ちなみに,私はkindle版でやっていて,先日購入した3480円の
fireタブレットに入れてるんだけど,画面大きくてサイコーですw
だからめっちゃfireタブ活用しまくっています。

the simsはアメリカで開発されたゲームで
簡単に言うと箱庭系シミュレーション…かな?
神になれるゲームです(・∀・)現実世界に不満のあるかた,ぜひwwww
かなり自由度が高く,細かくて楽しいです。
simの世界で家を建てて,結婚して,子ども作ったり,ペットを飼ったり,
仕事したり,作物育てたり馬の世話したり…

写真撮りすぎて気が付いたら私のfireタブレットの中,
ほとんどsimsの写真だらけになってたw

そんな私のsimsの生活を少し紹介。

20160820_123900.jpg
別荘的なところで日焼けしてるところですw

20160813_084459.jpg
これはプロポーズの場面。

20160814_200802.jpg
そして子どもが生まれたよ。

20160817_085352.jpg
 みんなで映画を見ることもあります。(ソファより後ろで座ってる人かわいそうw)
 
20160812_235228.jpg
警察で働いている人もいます。

20160826_214842.jpg
サルサダンスを趣味にしている人もいます。(右の人は応援している)


こんな感じで毎日朝・昼・晩とsimsを開いて楽しんでますw

このアメリカ製のグラフィック,
最初は,全然可愛くないしなんか変だな。って思ったんだけど
気づいたらかなり好きになってたわ。
このリアリティがたまらん。いちいちリアルなんだ。

成長もしていくので楽しみ。今は乳児だけどもう少しで幼児になれる!

やっぱりこういう箱庭系ゲームがいちばん好きです。
興味のある人はやって,私とfacebookで連携しましょう(笑)

ラジオ英会話始めました

NHKの「ラジオ英会話」を始めてみました。
いつまで続くことやら…。

放送 :月~金曜日 午前6:45~7:00
再放送:同日 月~金曜日 午後0:25~0:40/午後3:45~4:00/午後9:45~10:00
再放送:土曜日 午前11:45~午後0:00(金曜日の再放送)
再放送:日曜日 午後4:30~5:45(月~金曜日の再放送)

リアルタイムで聴きたかったけど,
ちょうど車で移動してたり歩いてたりする時間だったので,
諦めてストリーミング放送で聴くことにしました。

ストリーミングは,「NHKゴガク」というアプリを使ってます。

ストリーミングのいいところは,何回でも,止めて聴けること。
だけど,リアルタイム放送の一週間後からしか聞けないってのが
難点。気にしなきゃ100点。笑

月曜日から木曜日は毎日違うダイアログで,
金曜日は月曜から木曜までの復習。

ダイアログは面白いし,講師のTalkもたまに冗談とか入ってて
ぷぷって笑えるところもあっていい。

テキストは本で買ってるんだけど,500円切るくらい。
(6月号は450円+税)コスパいいよね。

紙本で買うメリットは,マーカーを引いたり,書きこんだりできる。
けどちょっと電車で立ちながら出すのは少し抵抗があるかな…
抵抗がなければいいと思う。

本当はkindle版がよかったんだけど,
ラジオ英会話テキストのkindle版は,普通のkindle本と違って
画像化されているような感じで,kindle特有の機能である
マーカーひいたりとか辞書使ったりとか
そういうことができないのよね~(´・ω・`)
それだったらkindleで買うメリットがあんまりないかも…。

FireとかiPadとかのタブレットだったらカラーで見られていいかもね。
電子ペーパーのkindleシリーズはモノクロだからなおのことメリットが…


基本的に朝の電車通勤時間に聴いて,できたらもう一回帰りとかに聞いてます。
運転中に聴くとそっちに集中してしまうので危険w 他の時間にw
私の英語力では1回聴いただけじゃぜんぜん頭はいらんわ\(^o^)/
すぐに忘れてしまう・・・・!
だから最低2回は聴かないと…って感じだけど若干のしんどさがあるから
続けられるかあまり自信ない。笑

そして,通勤時間は有効に使えるけど,
さすがに声に出して練習できないから,効果がーーーー。
声に出してリピートできたらもうちょっと頭に入りやすいのかな…。

そんな感じです。

とにかくラジオ自体は結構面白いのでおススメです。
問題はちゃんと続けられるかw
「継続は力なり」だね・・・
聴けるようにはなるかもしれんけど喋れるようになる気はしないw