FC2ブログ

語彙力ヲ強化セヨ―年に1度のパンケーキ

最近自分の語彙力が貧弱過ぎて自分自身に失望します。
何かを表現したくてもうまく自分の言葉で表現できない。
「~って感じ」「~みたいな」「~的な」って曖昧表現使っちゃうし
ああああ。だめだ。

そういえば,私,漢検準1級持ってるんです。
やったらめったら四字熟語も覚えたんです。
難しい言葉もいっぱい覚えたんです。

なのに使えない。
使おうと思うとまったく出てこない。
ぐぬぬぬ。
読めても,言葉の意味がぱっと出てこない。

四字熟語はやっぱり自然な例文の中で読まないと身に着かないんだろね。
漢検の暗記は四字熟語単体で覚えたから。

語彙力ヲ強化セヨ。

という命令が私の頭の中で,切迫感を持って,響いております。
5月は語彙力強化月間にしよ。

ああ,でも,語彙力もだけど多分表現力も弱いんだな。
あれ,全部だめじゃんwww

ほんとプロの文章を読んでいると,ああ,なんて素晴らしい表現なんだ。ってうっとりする。
食べ物一つとっても,あーこんな上手に表現してるんだなあって。
オノマトペも自由自在,縦横無尽に駆け巡って笑。
すごい。自分の貧弱なこと。ああ。読むのと書くのとでは全然ちがう。

語彙ノート作って覚えよ。いつまで続くことやら。


きのうは毎年恒例の誕生日が近い友人と会って,パンケーキを食べてきた。
パンケーキ,1年に1回くらいしか食べないけど,
なぜか魅力的な食べ物よね。
ホットケーキと何が違うのかよくわからないけど
パンケーキというあたらしい言葉の響きだけで甘美な気分にさせてくれる。

私は王道のアイスが乗っている甘すぎるやつ…ではなく,
ごはんパンケーキを食べてきました。スパムと卵の。

パンケーキがふわふわでもちもちで,スパムと一緒に食べるとおいしー。
なかなかのボリュームだったけど,友人も私もペロリ。

彼女は容姿端麗なうえに,聡明でいかにも「仕事ができる女性」という風格を備えた人なんだけど,
シュールなところもあって(ただし本人はそのつもりない)おもしろい。
昨日は「(私の)彼はお目出度い人」というフレーズを繰り返していて
印象に残った。笑 武者小路実篤ェ…

話題は男性のこと,性のこと,お金のこと,J Soul Brothersなど,非常に俗っぽいのだけれど笑,
彼女は心理職に就いているので,ちょいちょい心理色に染まった語彙が飛び出してきて
話題の格上げをしてくれるのが,とても痛快。
俗っぽさを語彙で拭う。豈悦ばしからずや。

困ったときには女友達に頼れと,伊藤比呂美さんも言っていました。笑
本当に困ったとき,私はなぜだかわからないけど,誰にも相談しなかった。
でも,頼れる友人が何人かいてくれるんだから,
友人に頼るということも大切なことだなと最近思ったのでした。
今年も精進して生きていきます。
スポンサーサイト

伊藤比呂美さんの本をたくさん

読みました。備忘録に。

「ラヴソング」
エッセイのような。詩のような。歌詞の翻訳もあり。
色々ぎゅっと詰まってて盛りだくさんでお得。

「伊藤比呂美の万事OK」
西日本新聞で読者の悩みに答えたものを本としてまとめたもの。
すべてを受け止めてばっさばっさ悩みを切ってくれる。力強い,温かい。

「とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起」
泣いても笑っても家族。親の介護,子どもの危機,夫との関係,自分の危機。
生身の人間が生きている。笑いあり,涙あり。
エッセイのような,詩のような。読み終わって「よかった!」って思った。

「閉経期」
これは面白いわ。最初に川柳?短歌?があって残りエッセイみたいになってる。
紅茶キノコにズンバ,乗馬,実家の片づけなど身近なものすべて拾い集めた感じ。
電車の中で吹き出しながら読んだ。でも表紙に「閉経期」って思いっきり,
力強く,書いてあるからブックカバーして読んだ。笑
30歳に満たない私が閉経期を読んで笑ってる。あと2、30年生きたら
もっと身に迫ったものになるのかな。笑

「女の一生」
万事OKと似てる。質問に答える感じ。
でもすべての回答が理に適っているというか,納得できる感じ。
そして最後に掲載されている伊藤さんの経歴を読むと
私の人生まだまだ甘っちょろかったと思う。笑



どれも面白すぎて貪るように読んでいます。
図書館で借りてもすぐ終わる。また借りにいかなくては。

ほぼ始めて,生きている人にはまった。
古典好きが災いして,私が好きになるのはほとんど亡くなっている人ばかり。
だから,手当たり次第に読んで,そのうちに読むものがなくなる。
見に行きたいと思っても,お墓の場所を検索するくらいしかやることがない。

でも伊藤さんは元気に生きていらっしゃる。

twitterもやってる。すごい。生きている人の動向を追えるってすごい。
いつか東京でやってるイベントも機会があれば観に行きたい。
そして,極端なことを言えばこのブログだって見てもらえる可能性が0ではない。(限りなく0だろう笑)
生きている人を追いかけるってすごい。
新刊が出るのを待ちわびたりできる。うれしい。たのしい。

これまで誰も追いかけたことがなかったから
ぜひ追いかけてみたい。
(変質者的な意味ではなく,普通のいちファンとして)

ようやく,世の中のアイドルやらなんやらかんたら好きの
楽しさが少しばかり,わかった気がします。
生活に潤いが出る。はりがでる。ってことやね。

でもまさか,この年になって,アイドルでも俳優でもなく,
母と同い年の女性を追いかけたくなるとは・・・・・・・・・・笑

サミュエル・フラー「裸のキッス」

先日,映画を観てきました。
サミュエル・フラー「裸のキッス(The naked kiss)」(1964年)

サミュエル・フラーさんはアメリカの映画監督なんだけど
自伝が出たのを記念して,各地のシアターで連続上映してるみたいです。

私は全然よく知らなかったんだけどね…。
たまたま観たって感じで,先入観なく見ました。

まあ当然のことながら,1964年の映画なので白黒。
見慣れてない,しかも認知能力の低い私には情報が少なくて
顔の区別がつきづらいよー\(^o^)/西洋人みんな同じに見えるよー\(^o^)/
…って思ったけどやっぱり映画館のスクリーンで見ると見やすいから
そこまで抵抗なかったわ。家でDVDで見ると全然区別つかないけど(笑)

主役のケリーこと,コンスタンス・タワーズ様の美人なこと,美人なこと。
そして冒頭のシーンでその美女が殴る蹴るの暴行の挙句,スキンヘッドになるから
度肝を抜かれた。

主役のケリーは売春婦だったんだけど,とある町に越してきて
足を洗って障碍者施設で働きだす。

視聴者?としても,最初はケリーを信じていいのか,半分疑ってる感じで見てた。
(偽善なのかな?とか)でも,弱気を助け,強気をくじく姿を見ていると
だんだんケリーを応援したくなり…
地元の名士グラントに見初められてついに結婚することになり,
ケリーおめでとう!!って思った矢先。
まだ映画の残り時間30分くらいあるからこの先どうなるんだろ。と思っていたら
かなりショッキングな展開に。そこから前半に仕込まれた伏線が見事に回収される。
あいつヤバそうだと思ったんだよ…やっぱりな…みたいな。笑

ぜんぜん前情報なく,先入観なく観たのもあって,
展開が予測できなくて最後まで飽きずに楽しめました。
50年以上前の映画だったけど違和感なく。
思いのほか面白くてよかった。
他の映画も観てみたいなと思いました◎

例の座椅子の映画館だったけど今回はお客まばら過ぎて6人ぐらいだった(笑)

ボロボロのミニシアターで映画観るの最高に楽しいぜ。
しかも今回は一人で。
人と観るのもいいけど,一人で観るのも楽しい。
思いっきし余韻に浸れる。

次は何を観に行こうか,今からわくわくしている。

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」

今日は,知り合いの絵描きさんの個展に行ってまいりました。
場所は丸の内(名古屋にも丸の内があるんやで)だったのに,
間違えて伏見(名古屋にも伏見があるんやで)で降りてしまって…
一駅分歩いたら汗かきました。笑

なんかこの名古屋の地名,どっちが先か知らないけど
名古屋の東京,名古屋の京都って感じでイヤだわ。プライドはないのか。
まあ「栄」なんてどこにでもあるからそういうもんなのかな。

美術展というのはやっぱりいいものだ。
漂う非日常感!
そして,一人の作品が凝縮して集められているのが特に好き。
時代とか○○派とかで区切ったものよりも,一人の展示が好き。
時系列に並べられているとうれしい。
やっぱり歴史が好きなんだろうと思う。
合わせてその背景,生い立ちなんかも知れると面白い。

こういうものにまったく興味がない人もいるというので驚く。
その人の作品だけ切り取ってみればいい,
その人の思想だけ切り取ってみればいい,と。
別にイヤなんかじゃない。色々な鑑賞の仕方があるものだなと,むしろ関心する。

文化的な生活。

そして,発売日からずっと気にしていた本
「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(最果タヒ)
を今日買っちゃいました。●
 

買うかどうかものすごく悩んだけど
じっくり鑑賞したい,でも図書館に並ぶの待ってられない,
って思ったから。買っちゃった。また。
本のためなら服も。靴も。鞄も。ティータイムも。我慢できる。

知らない人のために説明しておくと,詩集です。
最果タヒさんて,すっごく若い人。1986年生まれ。2つ上。
現代詩ですごく評価され,活躍されている方。
京都大学のご出身だそうで…(というか在学中にデビューしている)

どうしても,自分は,マンガでも小説でもなんでも古典が好きで,
「古くて残っているものほどよい」という思想が捨てられずにいるんだけど
詩に関しては現代の潮流も知っておかないと。と思って。笑
(あ,研究に関しては,最新の方がいいと思っているけど!)

詩を書く,詩を鑑賞する,というのは本当に私にとっては難しいことで,
文字や文章というのは何かを論理的に伝えるものだと思っているから
わかりやすいものを書き,求めてしまう。
古典的な詩はわりとわかりやすい。ストレートな感じ。

でも,タヒさんに代表される最新の現代詩は,わかりにくい。
言葉の羅列を文字通り読んでいっても,具体的な内容が伝わってくるわけじゃない。
メタファーに次ぐメタファー。正直意味がわからない。

「意味がわからないなんて言ってる人は,詩を読むのに向いてないんじゃない」
っていう辛辣な言葉をかつて知人から浴びせられたことがある。
それが本当なら,たぶん私,詩を読むのも書くのも向いてない。笑

でも,このわかりそうでわからなくて「ア”----ッ」ってなる感じ,
それを愉しむことはできる。
英語も,哲学も,経済学も,難しいんだけど一つ一つ小さく分割して
順番にやっていけばそれなりにできる。
でもその手法が詩の前では歯が立たない。
そのわからなくてモヤモヤして「ア”------」ってなる感じが愉しい。
つまるところ,詩は愉しい。

難しいけど,そんな愉しさを感じられる本なのであった。
正直,「この言葉は,他の詩の別の言葉と取り換えても違和感ないんじゃないか」って
思うくらいよくわからないんだけど… 
この言葉の必然性,ある?って常に疑問を抱いて読んでる。
でもきっと作者の中にはあるんだろうと思う。
わからないけどわからないままでいい気もする。
こうして買ってしまうってことは,そういうことなんだと思う。

それにしてもこの本の装丁めっちゃ可愛くないですか。
この表紙の色は特色だそうです。スミは特色じゃないからそれ以外の白,蛍光,青のことかな。
蛍光色かなり効いてる。
模様もレトロ調で可愛い。ベースのグレーもスモーキーでいい。
中の書体も,本文は明朝系で統一され,あとがきと出典のみゴシック系で
前作「死んでしまう系のぼくらに」よりも洗練された感じがする。
(前の本は,本文中をゴシックと明朝系で使い分けていた。
その不調和がリズムを生み出してたのかもしれんけど,個人的には今回の方が読みやすくて好き)
見返しが表紙側(青)と裏表紙側(黒)で違うのも,さりげなくてよい。
強いて言うなら背表紙の文字が細くて少し読みにくい(まあこんなものか)。

音楽でも聞きながらゆったり詩集を読みたい。

ああ,でも,英語やろ。

不眠症の改善

年明けから不眠症になりました。
睡眠導入剤は処方されてたんですが
私は早朝覚醒タイプなので,睡眠導入剤はあんまり効果がなくて
むしろ翌日の眠気がひどいのでちょっと使えない感じでした。

抗鬱剤と抗不安薬を夜飲むと
ぐっすり眠れるんですがこれもやっぱり
翌日の強烈な眠気を引き起こすので,
デスクワークの私にはかなりきつい…。

3月から実家に戻って,仕事のストレス要因も遠ざかったので
薬をやめることにしました。

が,やっぱりそれまで薬を飲んでいたのを急にやめると
ぜんぜん眠れなくて,というか眠れはするんだけど
早朝や夜中に何度も起きるし
たまに悪夢で夜中に目覚めるし
朝起きるとぐったりと疲労感があるし
その日仕事をしていると血流が悪くなって胸の痛みを引き起こすし
寝不足だから日中眠いし…
って感じで,いいことなしでした(笑)

これはアカン…もう私眠れないんじゃなかろーか。

ととても不安になったんですが,色々試してみました。


1.カフェインの抑制
体調が悪くなるまでは眠れてたんでバカスカ飲んでたんですが
漢方内科でも身体を冷やすのでやめたほうがいいと言われていたのを機に
カフェインを抑制することに。

それまで飲んでいたコーヒーの量
朝寝覚めの1杯(インスタント) 200ml
朝活の1杯(ドリップ) 200ml
午前中の1杯(ドリップ) 300ml
午後の1杯(ドリップ) 300ml
(たまに 夜の1杯(インスタント) 200ml)

うん,ざっと1000~1200ml。(笑)
で,だいたいコーヒー一杯150mlに,
ドリップの場合は100mg,インスタントの場合は65mg
入ってるらしいのね。目安だけどね。
(数値の公的なサイト発見できなかったのであくまで民間の数字です)
だから,ざっと計算して620mgくらいのカフェインを摂取していたことになる。

で,250mg以上のカフェインを摂取すると,夜眠れなくなるそうなのね。(笑)

完全に原因これか?wwww

それまでは普通に眠れてたからガバガバ飲んでたけど
体調が悪かったから,カフェインの効果が強く出たのかも?

で,朝は白湯,朝活と仕事中は紅茶かカフェインレスの飲み物に全部切り替えてみました。
紅茶もカフェイン入ってるけど,ドリップコーヒーの3分の1以下。
一気にカフェイン摂取量が200mg以下に。(笑)


2.腹式呼吸
呼吸は大事だというのを本で読んだので
お手軽な方法として腹式呼吸を取り入れてみました。

寝る前に腹式呼吸を行うと,自律神経が整うらしい。
他にもいろんな効果いっぱい。
詳しくは「腹式呼吸 効果」で検索してください。(笑)

これがね,案外気持ちがいいの。
あと筋力を使うので,腹式呼吸ダイエットとかいうのもあるらしく
ちょっとおなかが引っ込んだ気がします。


3.アロマ
もはやこれは気休めの類なんだけど(笑)
寝るときはアロマディフューザーをつけています。

大人気?の無印良品のアロマディフューザー。
ラベンダー2滴+オレンジスイート1滴で睡眠に効果があるんだとか。
たまにレモングラスやユーカリに変えたりブレンドしたりして
楽しんでおります。

香りで癒される~



で,不眠症,治りました!!!(笑)

案外簡単に治りましたね。笑
最初数日は微妙だったんだけど今では普通に。
もともと重度の不眠じゃなかったからかな。

たぶんカフェインを減らしたのが一番効いたんじゃないかと。
飲みすぎだーよ。
しかもコーヒー大好きだからなかなかやめられなかったんだよね~
でも,医者からやめろって言われると辞められるものね。笑

あと,ストレス要因がそのまま残っていたら難しかったかもしれないけど
私の場合は幸いに期限が決まっていたのですんなりいったんだと思います。
でも,ストレスは期限が決まっていても,やっぱり感じずにはいられないね。

何かの参考になれば幸いです。

「つくおき」の新刊を買いました

本当は発売日(4/19)に入手してたんですが

「つくおき」の新刊,「もっとつくおき」買いました。


(手前が新刊。後ろは1冊め)


レシピサイト「つくおき」大好きなんだよね~
今は実家だから自炊しないけど笑
実家に居なかったときに結構使ってました
ここのレシピはほんとおいしい
お気に入りになるレシピがいくつもありました(^^)/

1冊目も発売日に書店をはしごして買って
2冊目もはしごして3店目で入手できました✨
(予約すればいいんだろうけど中身を見たい派なの)

1冊目との徹底比較をしたいと思います(=゚ω゚)ノ

・価格は1300円+税で変わりなし
・16ページ増補(128P→144Pで1折分!)
・フルカラー(変わらず)

フルカラーでページ増で価格変わりなし
ってことはそれなりに売れる見込みがあるからってことだよね
(本は一度にたくさん刷ったほうがコストが下がるのです)
1冊目がかなり売れてたみたいだから
2冊目もそれなりの収益が見込めたんだね
読者にとってはお得な増補なのでありがたい。

デザインの印象は全体的に変わらず。
1冊目とコンセプト同じ感じ出てますな。
色の濃度や,書体はちょこちょこ変わっている。

前回は料理名などの見出しが,ゴシック系の,すこしレトロな雰囲気だったけど
今回はやわらかい丸ゴ系の書体に変わっていて,より易しい印象に。
前回の本ではシネマレターみたなフォント(ちょっと違うみたい。どこのフォントかはわかりません)の見出しが若干全体の中で浮いているような印象を受けていたけど,その見出しもなくなってた。笑

…って,体裁のことはいいって?笑
すいませんこっちのほうが気になっちゃうんです

いやあもう内容については言うことないっすわ。
16P分増補の分増えてるしHPにないいろんな情報乗ってるし。
私の大好きなウインナーとコーンのカレー炒めも載ってるし
写真も綺麗だし。


で,まあ,今実家だから作らないから当面活用しないんだけどね・・・・

今月末にはsyunkonの新刊もあり。うれしい。レシピ本好き。


というか体裁しか比較しておらず、役に立たないレビューだった。

未知との遭遇

昔,「お前は歩くカモだ」と言われたことがあります
それくらいひっかかりやすい人物に見えるそうで。

おととし,詐欺まがいの行為にも遭ったしね。
ストーカーもどきにも遭った(なつかしい)。
車も当てられたし(それはあんまり関係ない)。

そんで,先日は変態らしき人に遭いました。
変態なのか,変態じゃないのか,
判断がつかなかった。

駅の近くを歩いていると
「この辺で女性ものの服や雑貨なんかを売っているお店知りませんか」
と,声をかけられた。30代中盤~後半の男性。

普通に,おしゃれ雑貨が売ってる店を教えて,
口頭で道案内をした。

と,男性
「そこって靴とか靴下とかも売ってます?」
「うーん ちょっとはあると思いますよ」
「服そのものよりも足元のものを見たくて~」
「はあ。閉店18時(今17時半)なのでとりあえず行ってみてください」

「あの,ついでなんで~ 実は~靴とか足元のことをいろいろやってまして
 この辺の人は足元のおしゃが上手だって聞いて~
 そういう足元の情報がほしくて~ ふだんどういうところで靴下買います?

とかいう会話から始まり靴下とか靴とかを買うお店や
どんな靴下を持ってるかとかタイツを持っているか何色か
昨日はなにを履いたかとか

詮索が始まった…!

最初は何かの調査かなって思ったけど
メモる気配もないし
なんか近いし
いろいろやってて」って何度も言ってたけど
いろいろってなんだよwwwww
って思えてきて(笑)

昨日何履いたとかちょっと気持ち悪くて
すいません時間ないんでって言って逃げてきました。

変態じゃないかもしれない。
変態じゃなかったらすいません。
でも,調査だったらなんのために聞いてるのかを明らかにしないと
こうやって変態レッテル貼られる可能性がある
ということを忠告しておきたいところです。

何も減るもんじゃないけど
なんとなく ほんとに変態だったら
自分の一部を売り渡したようで 結構な不快感。笑

不用意に質問には答えないようにしよう。

一人称あたしに憧れる

今期の大学も始まっててんやわんやです。
詩作活動も続けています。結構時間がない。
でも自分の日本語の不自由さに気づいたので
時間がある時はしょうもないことをつらつらと書き連ねます。
(「わかりやすく書く」っていうのは一応専門家,プロです。
でもそうじゃない文章が書けない。)

一人称「あたし」に憧れる。
憧れるといっても使いたいっていうレベルじゃないんだけど。
わたしはわたし。だけど憧れる。なんとなく芸能人とか女優とか
そういうのに憧れる感じに似てるのかもしれない。

最近伊藤比呂美さんの「ラヴソング」という本を読んでいる。
この本に限ったことじゃないけど伊藤さんはいつも一人称「あたし」だ。
若くても老いても(失礼)「あたし」だ。

わたしは,基本的にずっと「わたし」だ。
思春期の時に,周りの人が「ウチ」とか言っているのを見て
つられて使ったこともあったけど,やっぱりわたしは「わたし」だ。
漢字の「私」より「わたし」がいい。
(と言ってもふだんは適当なので,私って普通に打っているけど。)

「わたし」って男女関係なく使うから,なんとなく中性的で,
公的な感じもするし,ニュートラルな印象。だからわたしがいい。
そういうものにわたしはなりたい。笑

「あたし」っていうのは女性的で(男でもアタシっていう人いるけどオネエが多いイメージ),主義主張が強そう。
勝手なイメージだけどネット上で「自分を持ってる!」っていうオーラを放っている
自己愛の強い人が「あたし」って言ってそう。笑
「あたしはケンジ(誰)が好き。ただそれだけ。」みたいなこと言ってそう。笑

わたしは「あたし」的なキャラじゃないので
ずーっとわたしと言っていたけど
伊藤比呂美さんの「あたし」は経験を積んでいるからこその
厚みがあってなんかいいな,と思った。

「あたしは」って主張するような思春期を送ってみたかった。笑
いや,あの,わたしはいいんです,全然いいんです,みたいな思春期だった。笑

一人称くらい,いつでも変えられるから
今日いますぐにでも変えてみたらいいじゃないって思うけど
やっぱあたしって言うとしっくりこない。笑

憧れるけど,手の届かない存在みたいな,それくらいの距離感でいいです。
わたしはわたしです。自己完結してるんです。

でも実は同じくらい「何某」とか「拙者」とかにも憧れている。
実家では一人称「ワシ」なわたしなのであった。

「あまくない砂糖の話」の話

今日,運動した記憶もないのに,脚やら背中やらに筋肉痛が…。

( ゚д゚)ハッ!

きのう映画見たからだ!!

~~映画と筋肉痛の関係はのちほど・・・~~~


というわけできのう映画見ました。

「あまくない砂糖の話」というやつです。公式ホームページはこちら

例の名古屋シネマテークで見てきたよ。鑑賞会員になったのは実はこのため。(笑)

ドキュメンタリー映画です。
「スーパーサイズ・ミー」(って私も実はよく知らなかったんだけど)みたいな,
出演者が身体を張って実験するドキュメンタリー。

オーストラリアの映画なんだけど,かなりの反響があったみたい。
どんな実験をしたのかというと…

●実験のルールは5つ(公式HPより)
1.1日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること
2.ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける
3.低脂肪ヨーグルトやシリアル等の「実は砂糖が多い食品」から摂る
4.必ず「低脂肪」の食品を選ぶこと
5.ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続けること


お医者さんの指導のもと,↑の実験を60日間試したとのこと。
このティースプーン40杯は,オーストラリア男性の1日平均なんだってサ。


もともとドキュメンタリー映画って結構好きなんだけど
これは飽きずに見れたな~(^◇^)

なんというか…見せ方に工夫がされてた。
あとお金かかってる感じした。笑
映像に工夫が凝らしてあって。普通,ドキュメンタリー映画って
明らかに低予算!って感じで普通の部屋で人が淡々と話してるんだけど
これはエンターテイメント風に見せててテンポよかった!!!

で,内容も,一応実験がメインなんだけど,
砂糖の本場(?)アメリカを訪れたり,
砂糖がアボリジニーの生活を破壊していったという砂糖にまつわる文化も
紹介したりしてて,大変興味深かったです。

食事・・・というかほんとうに身近な砂糖の影響の大きさを改めて思い知った…

最近ナショジオとかでも砂糖取りすぎ特集みたいなのあって
危機感抱いてたし,お医者さんからも砂糖控えよみたいな指導もあって…
(東洋医学では甘いものは身体を冷やす要因になるそうで…)
自己啓発のために見たけど効果てきめん。

と言いつつ・・・危機感はあおられたけどお菓子やめられまてん(´;ω;`)ブワッ

映画の話に戻ると,被検者?のガモーの身体には次々に変化が起こってくるわけなんだけど,
驚くべきことは,実験前と実験中では,摂取カロリー自体は変わらないんだよね。
脂質よりも,糖質の方がカロリー低いの。だから砂糖いっぱいとっても,
カロリー自体は変わらない。けど身体にはたくさんの変化が・・・
つまりこれの意味するところは,

ダイエットはカロリーだけ見ててもダメ

ってことなんだよね。
わたし,今まで完全にカロリーしか見てなかった(´;ω;`)ブワッ
糖質制限とか,今はやってるけど そういう方が効果あるんだろね・・・

フルーツとかナッツとか食べてても味気ないもん・・・
あまーいチョコレートとかクリーム挟まったクッキーとか
そういうやつ食べないと満足できん(+o+)

まあでもこの映画によると,砂糖と脳の関係も結構大きいみたいだから・・・
これからは可能な範囲でお砂糖控えたいところです。
(完全に抜くのは無理だろうで)



ですっかり忘れてましたが最初の筋肉痛の話に戻ると


私が「あまくない砂糖の話」を見に行ったのは公開2日目で,大盛況!
会場のシネマテークはボロボロでせっま~~い映画館なわけです(失礼)

で補助椅子が置かれてたんですが・・・・


座椅子(笑)


まさにあれ。L字型のあれ。

最初は「足のばせるしいいじゃん☆」って思ってたけど
100分以上も座ってるとお尻痛いのなんのって。

で変な姿勢を取り続けてたら今日筋肉痛になってしまったというわけだ・・・・。

映画館で座椅子で見るとは思わなかった・・・(そこではこれが普通なのかもしれん)

でもそんなふうにして見る映画もなんかわくわくして楽しいなと思ったのでした。

・・・筋肉痛にならなければね。

健康について

さて最近の私なんですが,すっかり健康を害してしまいました。
今は健康を取り戻すべく,治療やらなんやらしているところです。
大病をしたわけではないんですが・・・

思い返してみたら,この実家を出た1年半くらい,
健康に対する意識がめちゃくちゃ低かったように思います。
実家にいたときはまだもう少し健康に自分の目を向ける余裕があったんだけど…

毎日を生きていくことで精一杯で,健康について考える余裕がさっぱりなかったです。
特に昨年の秋以降は非常に忙しくて,すっかり摩耗してました。
それより前はいろいろ健康について考えたりしてたんだけど…

もともと身体があんまり強くなくて,入社1年目に健康を害してしまったので
健康意識が高まったんだけど,
また数年経つうちに意識が低下してしまったみたいです。
自分は環境に慣れて丈夫になった!って思いこんでました。

野菜はたくさん食べてたんですが,いろんなものをバランスよく,と考えると
ぜんぜんロクなもの食べてませんでした。

大抵週末に作り置きしてたんだけど,いつもワンパターンになり
肉を使うのがめんどくさくて肉類はたいていハムかベーコン
魚はほとんどなく,卵も使い切れないから買わないときはまったくなしで過ごしてたし
とりあえず納豆か豆腐食べておけばおk?みたいな生活を何か月も続けていました(笑)

そんで甘いもの中毒で,甘いものを食べてご飯の量減らしたりしてました(笑)

睡眠時間もずーーっと5時間くらい・・・

これだけでもう最悪なことがよくわかります。

ちなみにコーヒーは1日4杯程度!(笑)


・・・でどうなかったというと
風邪3週間からの蓄膿症,不眠,体重数キロ減(もう今は戻った),頭痛,神経痛,歯茎から血が出る。(笑)

身体が強い人だったらこうはならなかったと思うんだけど,
私は身体があんまり強くなかったのでズタボロ。
で,いろいろな病院へ行って,今は漢方内科に落ち着いてます。

漢方内科では,コーヒーや甘いものを控えたり,睡眠をしっかりとることなど
さまざまな生活指導を受けました・・・
今も不眠症で困ってるんですが,なんとか生活・体質改善に向けて努力しております。

健康を害するまでの悪い生活は,4・5か月続いたので
取り戻すまでには結構時間がかかりそうです。
じれったくてイライラすることもありますがなんとか持ちこたえてます。笑

本当に食べるものって大事だなあってしみじみと感じたのでありました・・・。
そしてこれからもちゃんと気を付けていきたいと思っています・・・・。

仕事が忙しすぎるのも考えものだなあー
昔はバリバリ・・・って思ってたけど
生活をたいせつにすることもたいせつなことだ,と心底思います(´・ω・`)

忙しくっても上手に手を抜くとかね。休養をちゃんととるとかね。
そういうことができないと。

友達と会っても病んだとか薬とかそういう話になりがちな今日この頃。笑
健康にはじゅうぶん気を付けよう。

って特にオチも何もないつぶやきでした。

シネマテークの鑑賞会員になりました

名古屋の今池エリアが好きです。千種・今池・池下あたり。

名古屋の中でいちばん好きな街かも。
もう何年も通勤で通ってるけど,ずっと好き。

なんとなく治安が悪そうなイメージがあるんだけど
(パチンコ,風俗・キャバクラ,ドン・キホーテがある笑)
意外にそうでもない。
危険な目に遭ったことも,危険な人を見たこともほとんどない。
まあ危ないところに突っ込んでいったら危ないかもしれないけど…

人の息づかいと,街のざわめきが感じられるから好き。
朝と,昼と,夜とではまた雰囲気もぜんぜんちがう。

早朝の今池は,にぎやかな夜の煌めきが嘘のように静かで
昼間は明るくて活気があって人がたくさん行き交い
夜は電灯やネオン(って最近あんまり言わないけどほんとにネオンって感じ)が人を誘う。
毎日通っても飽きない街。

今池にはイオンモールも,若い子が買うような服飾雑貨店もないんだけど
味仙もあるしスギ薬局もあるし郵便局もライブハウス(行かないけど)もある。笑

今池でご飯を食べ 今池で勉強し
今池で映画を見て 今池で本を買い
今池で医者にかかり 今池で願書を出し
今池で語らい 今池で恋をする
みたいな。(最後のほうフィクション)


で,なんでこんな今池今池言っているかというと表題。

名古屋シネマテークの鑑賞会員になってみました。

名古屋シネマテークとは,知っている人は結構知っている,
知らない人はぜんぜん知らない,今池にあるミニシアターです。

私は社会人になるまでこういうミニシアターの存在すら知らなかった。
名古屋ではほかにシネマスコーレや,名演小劇場なんかも有名。

物理的な環境としては,名演小劇場の方が快適だから好きだけど,
(シネマテークほんとボロボロなんだよね…笑)
観たいなあと思う映画がなんとなくシネマテークの方が多くて…。
そんなにふだん映画観ないんだけど,これを機に観るようにしたい。
少なくとも会員のもとをとるまでは見ないと。笑

今年はじぶんを豊かにするためにいろいろなところから
栄養を取っていきたいと思います。

伊藤比呂美さんの詩を読んだ

たぶん誰も見てないブログを細々と毎日書くの楽しいです。

最近,伊藤比呂美さんという人の初期の詩集を読んだ。
この人の詩集を読んだことがある初老の男性(誰w)が,
「こんなこと書いていいの?ってことまでズバズバ書いてある。
ロマンチックとか,そういうものは,感じないね。だから私は,あんまり好かない。」
と言っていたので俄然興味が湧いた。

近隣の図書館になかったので頑張って鶴舞図書館まで行って借りた。

伊藤比呂美詩集(現代詩文庫)

確かに「えっここまで書いていいのwww」ってなる本だった。
性的な言葉が多い。危ない本すれすれだと思う。
でも,良い意味で狂気と,執着と,悦びを感じる本だった。
とにかくエネルギーに満ち溢れている。
独特の「匂い」というか,ふんいきのある本だった。
抽象的でごめんなさい。

ウンコと呼ぶか,ウンチと呼ぶか,とかそういう話があった。
これでなんとなくふんいきわかるかな。笑

もう伊藤さんは60代なんだけど,たぶん結構若いころに書いた詩は,
今の若者と同じだと思った。今の若者の光景かしらと思った。
むしろ今の若者は伊藤さんよりはるかに精神的に軟弱になってると思う。(じぶん含めて)

自分が何かを書こうとして,書いてみたとき,まったくのゼロエネルギー。笑
なんだこのふわっふわした甘ったるいものは・・・って思う。

じぶんをこう見せたいとかこうあるべきだとか
詩作においてはそういうものをすべて捨て去って書くべきだ,
そうしたとき,ウンコとかウンチとかの話でさえ,芸術に昇華するんだと思った。
この人の詩からは飾り気を感じなくて,すべて剥き出しで,リアリティがある。

すごいエネルギーとパワーがあるから,才能が泉のようにこんこんと湧き出てる人なんだろうなあって思ったけど
巻末の詩論を読んでいたら,案外七転八倒して詩を書く人だということが分かった。

わたしの詩のせんせいは,詩は,彫刻のように削ったり加えたりしてつくるものだと言っていた

詩の書き方はいろいろあるだろうけど,これまで詩をほとんど書いたことのなかった私は
そんなものなんだなあって初めて知った。
それまで,詩はすばらしい詩の才能を持った人が,すらすらと絵を描くように書いちゃうものなんだと思ってた。
みんなどうかわからないけど,シェイクスピアも,リルケも,宮沢賢治も,中原中也も,ひょっとしたらみんな
推敲に推敲を重ねて真摯に向き合って書いていたのかも(私の妄想)。

ぜんぜんうまく書けないからって落ち込まずに
いろんな人から刺激を受けながら真摯にむきあっていけたらいい,と思った
向いてなかったらやめるけど笑


今日は美容院,大学,病院,などなどいろんな用事をいっきに済ませてきた。
用事を済ませるだけで朝から夕方までかかってしまった。
お昼は初めて本山のエムジュースというお店に行ってサンドイッチを食べた。
(美容師さんから勧められたお店。)
fc2blog_20160407205940cd1.jpg


そこで初めてジュースクレンズ,という美容法を知った。
ジュースクレンズとは,海外セレブとかローラとかローラとかがやっているという,
数日間食事を野菜とかのジュースに置き換えるという美容法だそうで。

やってみたい・・・!(笑)

胃が悪いのであまり固形物を取らずに過ごしてみたりしたい。
価格は1日6000円から。そんな高くないのでいつかやってみたい。
健康によくてそこまで大変じゃないと聞いたらいつかやってみたい。
すぐにとびつく。

それにしても流行りの美容法やら食事やらローラさんはどんなけやってるんだ
ほとんどの話題で「ローラも夢中☆」っていう枕詞がついとるぞ・・・・。

ムーミンシリーズを読破

昨年末から細々と読んでいたムーミンシリーズをすべて読んだ。

昨年末くらいに人に勧められてとりあえず1冊読んでみたら
面白かったので全シリーズ読もうと思って読み続けていました。

実家にはシリーズ中2作を除いて,青い鳥文庫とハードカバーでそろっていたんだけど
昨年末にkindle paper whiteを買ったのでほとんどkindleで買って読みました。

どんどん本増えていくからね…。kindleで買えるものはkindleで買わないと。
(でもほしいものに限って売ってなかったりするんだけどね…w)

話を戻すとムーミン。
昔も好きでアニメも見てたし映画も観たし,多分小説も一部読んでいたんだけど
すっかり忘れていて。

改めて読んでみたらびっくりするくらい大人向け。(笑)


シリーズ全作読んで,印象に残ったのは「ムーミン谷の冬」と「ムーミンパパ海へ行く」。

前者は,「おしゃまさん(トゥーティッキ)」というキャラクターがすっかり気に入ってしまいました。
おしゃまさん,存在自体すっかり忘れてて読んでもピンとこなかったけどw
なんかサバサバしてて好きだわ。サバサバしてるのに悟ってる。サバサバなのに悟ってる。
ムーミンの成長が感じられて胸がすうっとするというか
こっちまで気持ちいい,風が通り抜けていくような気持になる。

後者は,全体的に暗くて病んでる感じの話。
パパママムーミン,そしてちびのミイで海のどこかの島に移住するんだけど
パパもなんか意固地になっちゃうしママもホームシックで病んでるし
ムーミンは中二病みたくなるしミイは自由すぎるし。
さらにムーミンとモランの春がアダルティーでヒ―ハー。(全然説明になってない)

この話ではモランっていうおばさんの設定の誰からも嫌われてる人が出てくるんだけど
超キーパーソン。なんかどきがムネムネしてしまう。

あと,読んでいるうちにだんだんとミイが好きになっていった。

最初は「ミイって全然可愛くないのに,なんであんなにグッズがたくさんあるんだ」って思ってたけど
読んでいくうちに・・・特に「海へ行く」の様子を見ていたら
ミイの魅力にどんどん惹かれていった。
自由すぎる,けど,全部わかってる,そんなところがいい。

まだまだマンガと絵本もあるのでそちらもいつか読みたい。

ちなみに映画もいくつかあって,2本くらいは見直しました。
動くムーミンもいい。
あとムーミンの美術手帖買いました(^^)/

ユリイカのムーミン特集も(バックナンバーだけど)売ってて惹かれた…。買おうかな…。



外国人作家にはまったのは初めて。
しかもひさしぶりに…安部公房ぶりくらいにはまったかんじ。

シリーズも9作品くらいだから難なく読めるしね

詩的であり哲学的でもあるような気がするんだよね…ムーミン
ストレートにわかりやすく書いてあるようでどこか煙に巻かれるような…
ムーミンも奥が深いです。おもしろいです。


それにしてもkindleがあると,ただでさえ本ばかすか買ってるのに
さらにばかすか買ってしまうきっかけを与えるのに十分すぎる・・・。ばかすかばかすか。
セールとかもやってるし,読みやすいし。スマホやタブレットの液晶はなんか読みにくいんだよね・・・。
買いすぎないようにしないと。

さあ夜は詩でも読もう。

詩の鑑賞

年明けから詩に興味を持つようになったので,詩の鑑賞をしている。
現代詩人もなんとなくわかってきて,何人か名前が言えるくらいにはなってきた。
まだ読んだことない人ばっかりだけど。

特定の詩人の詩集や,詩のオムニバス的なものを読むこともあるけど,
詩の入門本として茨木のり子さんの「詩のこころを読む」という本がすごくよかった。

茨木のり子さんも有名な現代詩人だけど
そののり子さんが選んだ詩と,のり子さんの鑑賞が収録されている。

詩の鑑賞の仕方がさっぱりわからなかったんだけど
これを読んでなんとなくわかった感じ…

しかも,詩人が詩を鑑賞してるから詩の魅力が2倍にも3倍にもなっている…
普通の人では拾いきれない言葉の持つ豊かさを
とりこぼすことなくあまねく拾って,読者にやさしく渡してくれている。

気に入りすぎて,読み終わったそばから,また頭から読み直し始めたからね・・・(笑)

ほんとに詩って奥深い…。
日本語ってこんな表現もできたんだ,とか
こんなきれいな日本語があるんだ,とか
勉強になることばかり。

で,自分で書こうとしても全然言葉が出てこないんだよねえ。

この言葉使いたい!ってことばもあるんだけど
いざそれを並べようとすると,つなげることばが全然浮かんでこなくて
使いたかったことばだけが浮いてしまうということも。
読んでると簡単そうに見えるのにねえ。

詩は昔から苦手意識があったから(国語の授業でやっても全然ダメ)
どうなることやらw

仕事で文章打ったりすることも多いけど
あんまりレトリックに富んでるような文章売ったりしないから…
…というか皆無…笑
少しでも(じぶんのために)ブログでも書いて文章力つけていかないとねー…
推敲してる時間ないんだけどねー…ハハッ(ミッキー風の乾いた笑い)

バッハハーイ

学生納付特例の期限が迫っている

年金に興味がなさ過ぎた学生時代を反省。

最近たまたま仕事で年金について調べてたら
学生納付特例の追納期限が10年間だったってことに気が付いた。

(きっと当時も紙とかに書いてあったんだろうけど忘れてた)


というか追納するもんだってのもほとんどわかってなかった。笑
免除だと思ってたw

もう今年28やからあと2年で期限がくる。

ちなみに追納は遅くなればなるほど納付する金額が高くなるw



この年になって初めてねんきんネットにアクセスして
じぶんの年金額を試算した。


案外少ないのな・・・・・・・


追納するとだいたい60万くらいかかる。

追納した場合と,してない場合で試算して比べたけど
追納した場合は9年間受給してないと
元が取れないらしい。

(あくまで試算だけど。物価の変動も考慮せず今の価値で)

65歳から9年間て…生きてるかなw


物価の変動を考えると 納付したほうがいいのか しない方がいいのか
よくわからんなあ。

物価もたった50年で かなり上がってるけど
これまでの50年と これからの50年だと
経済成長の度合いも違うから ほんとどうなんだろw

もう納付しない!って言いきってる人もいるしなあ


インフレが起こると貯蓄額が目減りするから
ただひたすらに貯蓄してんのも得策かどうかわからない。
というか,あんまり得策ではないかもしれん
資産運用…?

ああほんと こういうことに興味がなさすぎてもうこんな年だよ。

お金は大切だけど
完全にタンス貯金でお金を紙切れにしちゃうタイプ。

30歳になる前にもうちょっと勉強しておかないといけないね!
少し焦っています。


明日は初めて詩の手習いに。たのしみ。