FC2ブログ

小池龍之介「考えない練習」

最近読んだ本。kindleで買った。

小池龍之介「考えない練習」



東大出身のお坊さんが書いてる本。
この人著作いっぱいあって有名だよね~

数年前にアイデンティティ・クライシスがあったときに
病んでた先輩からこの人が書いた「平常心のレッスン」っていう本を借りたことがあって。
今回またアイデンティティ・クライシスがあったので
手にとりたくなってしまいました。笑

仏教の思想に基づいて,いろんなイライラや不安に左右されないような
精神状態をつくるためのコツが書いてあります。
イライラしてる自分を,「あ,イライラしてるな」って客観的に見たり,
ご飯を食べるときにどう五感を使うか,SNSとはどう付き合うか…
とかいった実践的な内容が多いです。

考えない「練習」とタイトルにあるように,やっぱりあれやこれやと
考えすぎないためには,練習が必要なんだな…というのがわかりました。笑

この本の言明について,科学的な根拠は「?」かもしれんけど
宗教はいろいろな人間の快や苦を見つめてきた集合知みたいなところあるから,
私は「ふむふむなるほど」って読めた。
それでうまく生きられるならいいのではないかーという感じ。

amazonレビュー見ると,読みにくい!って声も結構見られたけど
私は平気だったかな…まあ読みやすくはないが。

あと,最後の章で池谷裕二さんっていう脳研究者の人と小池さんが対談してるんだけど
そこで一番「何いーーーー!?」って思うことがあった。
松岡修造の「苦しいときほど笑ってごらん」は本当だったんだ…!って思いましたね。笑


それはそうと,この本について一番気になったことがあるんだけど・・・・

「気持ち良いッ」
「自分の話を聞いてほしいよォォォーーーッ」
とか,突然しゃべり方がジョジョ風になる……。

またジョジョ出てきたッ!!!!
って思いながら読んでました。笑
小池さんジョジョ世代なのかな…。
スポンサーサイト

100分de名著「実存主義とは何か」

少し間が空いてしまいましたね。
最近読んだ本。

サルトル『実存主義とは何か』(100分de名著)

人気テレビシリーズ「100分de名著」のテキストですな。
このシリーズ,ほかにもパスカルの「パンセ」や,
マキャベリの「君主論」なんかも持ってるけどめちゃくちゃわかりやすい。
わかりやすいけど,ちゃんと専門家が書いてるからうさんくさないっていう。
そしてテキスト版は500円ちょっとという安価さ!

番組自体は観たことないんだけどね…(笑)

西洋思想で面白そうなのやってたらみよう!って思いつつ,
まめなチェックを忘れてなかなか見れないのよねー…
ずっと録画しておけばいいんだけど録画がたまるのも億劫で。笑

今公式サイト見たら6月はルソーのエミールじゃーん!
これは録画して観なければ。

で,サルトルに話は戻りますが

ジャン=ポール・サルトルを知らない(忘れた)人のために一応wikiから引用しておくと
ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル(フランス語: Jean-Paul Charles Aymard Sartre、1905年6月21日 - 1980年4月15日)は、フランスの哲学者、小説家、劇作家。内縁の妻はシモーヌ・ド・ボーヴォワール。強度の斜視があり、1973年には右目を失明した。

「嘔吐」っていう小説が有名だね。

哲学著作では,「存在と無」が一番有名なんじゃないかな。


高校の現代社会や,倫理にも登場してます。

「実存主義」のくくりで出てくることが多いです。

「実存は本質に先立つ」「人間は自由の刑に処せられている」「アンガジュマン」

あたりの言葉は,耳にしたことがある人も多いのでは。


先の本に記された,「嘔吐」のあらすじ・内容紹介によると…


主人公ロカンタンは,日常のあらゆるものに対して「吐き気」を覚えるようになった。

そして,その「吐き気」の正体は<実存>を目の前にした意識の反応だということに気が付く。

先の本から引用させてもらって言い換えると,

「物も人間もあらゆるものは偶然の産物であり,不条理であり,根拠がない」

ということを発見して,「吐き気」を覚えてたっていうこと。


で,ロカンタンは人生いろいろあったんだけど笑,

あるとき,音楽を聞いている時に吐き気が消えることに気が付くのね。

それは,音楽を聴いていると,秩序立てられた必然性の世界に

入ることができて,不条理な偶然の世界から逃れられるからなんだよね。

音楽のように,必然的な仕方で存在したいって思うようになって,自ら小説を書き始める…



これね,なんかすごくわかるんだよね。

自分の存在,現在置かれている状況は,不条理で,偶然の産物でしか

ないってことに気が付くと,足元がぐらぐら揺らいで,

吐き気ではないけど,眩暈みたいなものを感じるんだよね。


必然性を求めたからかどうかはわからないけど,

この不条理で,偶然の世界から抜け出したいって思って

表現活動がしたい,と動機づけられたからその点でもすごくわかる。


この本が,難解にもかかわらず当時の若者たちの支持を

集めたってのもね,きっとこうして共感した人たちが

きっといっぱいいたんだろうなと納得できる。


サルトル,そんなに好きなわけではなかったけど,「嘔吐」が読みたくなった。

…でも実際「嘔吐」を図書館で見たら分厚すぎて読むのやめたけどね。笑


先の本は,ここで挙げた以外にも,サルトルの思想が非常にわかりやすく,

重要なところを押さえて書いてあったのでとてもよかったです。

ボーヴォワールとの関係も最新の研究?を踏まえて書いてあって。

ボーヴォワールがバイセクシャルだったってのは知らんやったわ。

うすくても充実していてとてもよい本でした。


しかし,うっかり本に野菜ジュースをこぼしてしまった…orz

書籍化(人気のものは増補されてソフトカバーの本になる)を

願います…書籍化したら買うから。


そういえば,どうでもいいけど,私,サルトルってすごく

安孫子素雄先生(藤子不二雄A先生)と印象が被るんだよね・・・・wwww

改めて画像検索してみたら全然似てなかったけどね。

そういえばほぼ日手帳について。

そういえば今年からほぼ日手帳デビューしました。
(kindleの説明のときにさらっと出てましたが)

※ほぼ日手帳とは… wikipediaによると以下。
「ほぼ日手帳」は、「ほぼ日刊イトイ新聞」オリジナル商品として制作・販売される手帳で、1日1ページという、高い自由度のため、ユーザーは様々な趣向を凝らしながら使うことが可能である。その様子は、ほぼ日刊イトイ新聞のウェブサイトや公式ガイドブックなどで紹介されている。

ずーっと
ずーっと
気になってはいたんだけど

この1日1ページというボリュームが
果たして私に使いこなせるのだろうか…!?
という不安からずっと導入できずにいました。

前の年は,ジブン手帳を使っていました。
これも悪くなかった。
でも,なんかもうちょっと書きたくなっちゃった。
ジブン手帳には,IDEAというメモ帳の分冊があるんだけど,
分冊が私には使いこなせなかった。笑

1日1ページが使いこなせるかはわからないけど,
毎年ぜったいに悩むので,今年は思い切って導入しました。
オリジナル(文庫本サイズ)です。

カバーもバリエーションがめっちゃあって迷った!

ただ,今年は,ちゃんと自分が使いこなせるかわからなかったので
いちおう一番やすいカラーズっていうシリーズにしました。
可愛い黄色~(=゚ω゚)ノカスタード!

最初はかぶせると柄がつく,カバーオンカバーっていう
透明なカバーをかけていたんだけど,
2か月で1枚のペースで2枚破れて,今は姉に譲ってもらった
もっと前のほぼ日の透明カバーをかけています…(;´・ω・)
破れすぎだよ!!普通に持ち歩いてただけなのに!!!

で,結局,1日1ページというボリュームはどうなったかというと

今のところ特に難なく利用できています!

最初は仕事の日程みたいなのを書き込んでいたけど
そのうちにもっと別のことが書きたくなって
結局プライベート用になった。
仕事は仕事用のバーチカルを買ってしまいました。

これだったらただのノートでもいいのでは という声が聞こえてきそうだけど
なんせ,紙とサイズがいいんです。笑
紙は,手帳用の薄いのに裏写りしにくい「トモエリバー」。(ジブン手帳もこれだった)
文庫サイズってのもちょうどいい。
1日1ページ!ってあてがってあるから
なんとなく書く気になるんだよね('ω')


絵を描いたり
アイデアを書き留めたり
詩の骨格を書いたりと
自由に使っています。

ただやっぱりお値段が張るからねー
もうすぐ上半期が終わる(えっもう来月で上半期終わりじゃん!!!!????)
けど,下半期でだれる可能性もあるから
もうちょっと使いながら様子みてみます。

松岡修造も日記を書くことは勧めていたからがんばるぞー(・ω・)

英語の翻訳について

英語に追われておりましたが不十分ながらひと段落しました。

大学の授業のために英語を訳しておりました。
が,私は別に英語の勉強をしているわけではない\(^o^)/
教育史の勉強をしているのです。
でも,通い始めたおととしから,なぜかずーーーっと英語です。(笑)

というのも,西洋教育史だと日本の文献が少ないそうで,
海外の文献の方がいっぱあるので英語の本を。
日本の教育史でも,占領期の研究をしようとすると
GHQの文書とかぶち当たるわけで…

大学時代よりはるかに英語やってるんだが(笑)

英語はずっと苦手でした(;´・ω・)
今もほんとに苦手です(;´・ω・)
そりゃTOEICとかは受けてたけど,
授業の片手間にやって受けてただけだから
英文学科の人とかの足元にも及ばない。

というか私は典型的な日本の英語教育が生み出した
「書けない,話せない」人間だ。

※今は日本の教育も四技能(読む,書く,話す,聴く)を
育成する方向に変わってきているのだが…

大学で「Where's the library?」と聞かれて
テンパって「イッカイデス」って片言で答えるくらいの
英語力の低さ!驚くべき英語力の低さ!

読むのは,ずーっと継続的にやってきて,
最近かろうじてなんとか…って感じではあるけど
本当に難しいとひしひしと感じています(;´・ω・)

海外文献は,歴史学だからなのか,案外事務的な文章ではなく,
修辞に富んだ文章だったりもするから,意外にイディオムが多い。
受験英語みたいなやつも出てくる。
そして構文を理解するのが難しすぎて,狂いそう。笑
挿入句も多すぎて何を挿入してるんだからわからんくなる\(^o^)/

GHQの文書なんかだと,一般のGHQの職員が打ってたりするから,
平易な文章の割に読みにくいorz
タイプミスもかなりあってどの単語のことか識別する困難…

なかなかスピードアップもできなくて,
構文もさっぱりわからなかったりもして,
う”あーーーーってよくなるんだけど,

周りや全体を眺めて声に出して読んだりしているうちに
言っていることの意味がわかったり,
品詞を取り違えていたことに気づいたりしてひらめくと
すごく嬉しい。

そういうときに,案外英語って楽しいかも。って思う。

英語がサクサク読めたり,
聴けて話せたら世界が広がるだろーなあ…

なんてドリームを抱いて,
NHKラジオ講座に興味を持ち始めた次第であります…(笑)

まあ基本的に言語嫌いだから続くかわからんけどね(´・ω・`)
始めたらその時はまたブログ書きます。

ブログを書きたいのだけれど

最近忙しくて全然書けてません。
ちょっと前の連投は予約投稿でした。

今週を乗り切ったらブログ書く!
今かなり英語に追われてまして。
詩もかけてなくて。
切羽詰まっておりまする\(^o^)/

そういう時に限って
なんか始めたいなって思っちゃったりして
粘土いじくってみたり
NHKのラジオ英会話にチャレンジしてみようとしたり
現実逃避もいいところ。(目前の英語やれ)

こういう内容のないブログは書いちゃいかんと思うわ。
書いたけど。

とりあえず、ちょっと前に行ったガンダムカフェの写真でも貼っておきます。

通常のカレーより3倍辛くない、
シャア専用カレーだそうです。

私も一緒に行った友達もガンダムのこと何一つ知らないけど
ただ行きやすい場所にあったってだけで
行ってきた笑
何も元ネタわからない。
店主がアムロレイの格好をしてたってことだけはわかった。

よし、明日こそ英語おわらせよ。

スナゴケ始めました

先日,こんなものを買いました。↓
モイストモス。1200円くらいだったかな。

これ,何かというと,苔の栽培キット?なんです。

箱から取り出すと乾燥した苔が。



霧吹きかなんかで水をかけると…

↑苔が開いたのわかりますか?


どアップで!かーわーいーいー

↓恐竜を乗せてみたり。

↓土偶を乗せてみたり。

いろいろして遊べちゃう。

この苔はスナゴケという種類だそうで,
スナゴケは乾燥に強くて日当たりのいいところでも
育つから,屋上緑化とかに使われるんだとか。

テラリウムでスギゴケも育ててるけど,
スナゴケの方がお手軽感。
スギゴケは日に当てすぎてもいかんし,
当てなさ過ぎてもいかんくて案外難しい…

これは,雑貨屋さんにインテリアグッズとして売ってるくらいだから
ほんとお手軽だね!
ちゃんと育つかなあ。
でも,芝みたいに綺麗すぎて,苔の実感ない…(笑)
なんか汚くてドロドロしてる,ってのが結構苔っぽいんだよね。
とはいえ,目の届くところにミドリがあると癒されるから
しばらくはこれを眺めて暮らそう。笑

ミドリのススメ―チランジアについて

植物はゆっくりでも,確実に成長していく。
そんな姿に救われる今日この頃。

今日は私が育てているチランジアについて備忘録を。

チランジアという名前を聞いたことがなくても,
「エアプランツ」という名前なら聞いたことがあるかと思います。

エアプランツは土が無くても育つ植物で,
南北アメリカが原産地だそうです。

これまでも,大学時代に育てていた時期もあったけど,
結局枯らしてしまい…
(冬場に窓際に置いておいて忘れていたら
 結露でべっしゃべしゃになって解体してしまいました(´;ω;`)ブワッ)

昨年の誕生日に友人にチランジアをもらったのをきっかけに,
また育てはじめました。
今,拙宅には3匹のチランジアがいます。

●なんとか1年もった,イオナンタ。(たぶん)

たぶんイオナンタなんだが。種類がわからん。
紙に書いてあったかもしれないけど捨ててしまった…!
とげとげ感が可愛い!黄緑系。ちまっとしてます。
ぜんぜん水あげなくても,ちゃんと育ちます(笑)

●昨年の冬に導入した,コットンキャンディ。

わたあめ,って名前が可愛い。ピンク色の花を咲かせてた(今もう花は終わって枯れてるw)
でかい。そして結構水分が必要なのに怠ってしまったから
すこし散髪する羽目に。ごめん。今年はちゃんと面倒みるぞ。

●最近新しく仲間になった,ベリッキアーナ。

そろそろ新しい仲間がほしいなあと思っていたところで一目ぼれ。
表面の銀色の産毛がぴかっと光っていて,
真ん中の方から新しく出ている新芽(?)が柔らかくて
ふわふわしているのがチャームポイント。

前住んでいたところはちょうどいい出窓があったから
そこで1年なんとか過ごすことができていたんだけど
今私は高温多湿で,真夏は灼熱地獄になるところに住んでいるので
今年の夏が無事に越せるかとても心配です(;´・ω・)
エアプランツって,結構蒸れに弱いもんだから…

そして,前は空調を使わないところに置いていたけど
今は冬場に石油ファンヒーターを使いまくるところに置いている…
乾燥にも弱いのに…(笑)

そう思うと冬も夏も結構ハードル高いのね。笑

写真を残しておくと,数か月後くらいに見比べたときに
思いのほか成長していて楽しい。

いつまで持ってくれるか…。がんばれチランジア。がんばれ私。

kindle paperwhite(2015年モデル)について③

最後はkindleの便利な機能をちょこっと。

まず,基本的なこととして,文字サイズを変えたり,明るさを変えたり,
行間・余白を変えたりできます!
だから自分好みの紙面にできる。

それから,kindleを購入する時に悩んだのが,紙本との違い。
紙本だったら付箋をつけたり,線をひいたり,何か書き込むことができるけど
電子書籍は…
って思ってたらありました。その機能。
(以下,石川啄木の「一握の砂」でお送ります。著作権失効してるから。)

1.ブックマーク

できます。
ブックマークしておくと,メニューからブックマークした場所に飛ぶことができます(↓)。
screenshot_2016_05_05T11_45_21+0900.png 
右上のちょろっと出てるやつ,これブックマークマーク。

2.ラインをひく(ハイライト)

できます。選択してハイライトすると,そこだけ地アミがかかった状態に(↓)。
screenshot_2016_05_05T11_44_50+0900.png

さらに,他の人がどこをハイライトしたかを見ることもできちゃって面白い(↓)。
(私はふだんは邪魔だから消してるけど)
screenshot_2016_05_05T11_44_05+0900.png 
しかも!このハイライトした場所は,「マイクリッピング」というファイルに保存されて
後から一覧で見ることができるのだ!

自分がどこにハイライトしたかな~って眺めるのも,楽しい。
「あらゆる役に立たないもののうちでも、きみのおかあさんのハンドバッグときたら、いちばん役に立たんものだ。あの人がハンドバッグをもとうともつまいと、けっきょく時間は一分のくるいもなくたっていき、月日はおなじに流れていくんだからな」
(「楽しいムーミン一家」より)

いずれハイライト特集したい。


3.メモ

できます。ただし入力しづらい。笑

それから他にこんな機能も。

●辞書

読んでいるときにこの言葉わからないなーと思ったらすぐに辞書で調べられます。
そんでもって,辞書で引いた言葉は「単語帳」にストックされて
学習できるという。これって結構便利な機能だよね!!!

●X-Ray

これは,書籍内の登場人物,地名,画像などの「骨格」となる
主要キーワードをピックアップして,それに関連した情報を表示する機能。だそう。
私は読むときにほとんど使わないけど,画像が一覧で見れたりするのは楽しい。笑
まだこれはすべての本にあるわけじゃないみたいです。
screenshot_2016_05_05T11_46_18+0900.png 
ってな感じで,ここに挙げたのはkindleの機能のほんの一部だけど,
いろんな機能があります。
(いくらでも検索すれば出てくるから,あえてここで詳しい説明する必要ないもんな…)

kindleを持っていると次に何買おうかな~♬セール何やってるかな~って
結構たのしい。まんまとamazonの罠にはまっておるわ。

でも,現状では紙本と電子書籍で使い分けてる感じです。
大きな紙面で,カラーで見たいもの(タブレットだったらカラーで見られるけど…),
たくさん書き込み,付箋したい,コピーしたいものなんかは
やっぱり紙本じゃないと難しい。(メモ機能はじれったい笑)
パラパラ~ってめくることもできないし。

あと不満が2つ。笑

①欲しい本が電子書籍になってない
案外ないんだよね…。新しい本や漫画は結構あるけど,岩波文庫とか中公新書とか。
でも,たぶん日本(否,世界)最大の電子書籍市場でこれだから,
もうすこし気長に待つ必要がありそう。

電子書籍化するのにも手間がかかるだろうし。
自分が勤めている出版社でも電子書籍(というかデータ配信用のデータ)を
作ったりしているけど,やっぱりそのままpdfをバーンと提供すればいいわけじゃないみたいだし。
(目次から各ページに飛べるようなしくみを作ったりね)
それを1冊1冊やっているかと思うと,かなり気の遠くなるような作業だ…

でも,データであれば絶版になったものだって提供できるだろうから
これからさらに電子書籍市場が拡充されることを願います。

②kindle用の電子書籍が案外高い
電子書籍だから安いだろうと思ったら侮るなかれ。
案外高いのであるよ。
本を作るにはいろいろ費用がかかるから,
(執筆料はもちろん,組版代,著作権料などもろもろ)
紙代のコストを差し引いたからってそんなに安くならないのはわかる。
(確かに,ハードカバー本の方が,文庫版よりも割引率が高い。
ハードカバーはお金かかるからね)

でも,なんとなく,買う側の心理としては,データなんだからもっと安くならないの!?
って思っちゃうんだよね。笑
これから電子書籍がもっと一般的になってきたら全体的に価格下がるといいなあ…
それか,現在は「本来は現物があり」「それがデータ化している」→「現物がないから安くなるはず」という認識にどうしてもなってしまうけど,
いずれこの「本来は現物があり」という認識がなくなっていくかも。
そうしたら価格の高さも気にならなくなるか?
まあ先に述べた通り,紙とデータは根本的に違うからすべての紙がデータに
置き換わるとは考えにくいと思うけど。


自分のニーズに対してマッチしていれば,なかなかおすすめです。kindle。

kindle paperwhite(2015年モデル)について②

昨日のつづきだよ(=゚ω゚)ノ

<Paperwhiteの特徴>
まずこれ↓が私の「おまめんkindle」。(←名前が付けられる)
今となってはホワイトモデルがよかったと
少しだけ後悔していますが笑,まあでも全体的には気に入ってます。

ちなみにケースはinateckのもの
とても質感がよく,つくりもしっかりしていておすすめ。
スリープ機能もばっちりついてます('ω')ノ

●重さ
Paperwhiteは全4モデルの中で一番ウエイトが重いのです…
といっても205g(3Gなし)。
リンゴ1個が200gだそうなので,リンゴ1個分くらい。
毎日リンゴを持ち歩いていると考えればよい(そんな状況ほとんどない)
そんなに持ち運ぶのは苦ではない重さです('ω')

●大きさ
ほぼ日手帳と比べるとこんな感じ。↓
ほぼ同じ大きさだね(=゚ω゚)ノ
kindleのほうが若干大きいくらいかな?

●画面
さすが電子書籍リーダー!!!画面はめっちゃ見やすいです!!

kindleの画面は電子ペーパーというやつだそうで
普通の液晶とちがってチカチカしなーい!
詳細はしらなーい!笑 めんどくさいから調べなーい!!
でも太陽光の下で見やすいんです('ω')ノ

ほんと紙みたい。
太陽光が当たってもだいじょうぶ。
↑の画像の明るいところは太陽光です。

普通のタブレット的なものも持っていて,kindleアプリも
入れてたんだけど,液晶だと雑誌すら読むのが苦痛で…笑
でもkindleならぜんぜん違和感なく読めます('ω')

最初,操作がスマホみたいにスムーズじゃなくて,
ちょっとモタモタしてるから慣れるまでぐぬぬ・・・って
思ったりもしたけど,慣れた今となっては気になりません。
なんだろーね,ひと昔前の液晶のついたおもちゃ(?)みたいな
もたつきはちょっとあるかも。

次回(これで最後。興味ない人ほんとごめんなさい。)は
kindleのちょっと便利な機能と,使ってみてどうかって話をします('ω')ノ

kindle paperwhite(2015年モデル)について①

昨年の冬,kindle paperwhiteを購入しました(^^)/
今日はそれについて。
ネットで調べればいくらでも出てくるんだけど
せっかくなので良さを伝えたいと思いまして笑
ちょっと書いてみます(=゚ω゚)ノ

<買った動機>
kindle自体,前から気になってたのもあったんですが。
本をバンバン買うと,置き場がないのが気になってきました。
でも,手芸の本とか,レシピの本とか,哲学の本とかは紙本でどうしても買いたい。
それ以外の娯楽小説とかは売り飛ばすことが多いし,
電子書籍でもいいかも。と思ったのがきっかけ。

<購入モデル>
kindle paperwhite 2015年モデル キャンペーン情報つき Wi-Fiなし

kindleにはいくつか種類があるんです。
①まず,本体の種類が3つ。
・kindle(通称「無印kindle」)
・kindle Paperwhite
・kindle Voyage
・kindle Oasis ←これ,つい最近出たみたいです!めっちゃ高い!笑
下にいくにつれて,性能(解像度とか,ライトつきとか)と価格が上がります。

②それから,キャンペーン情報のある/なし。
キャンペーン情報は広告のことです。広告がついてると安くなる。
広告がなくなると高くなる。

③そして,Wi-Fiモデルか,3G回線つきモデルか。
無印kindleは3G回線つけられないみたいです。
3G回線をつけると高くなります。
でも,無料回線なので最初に価格が高くなるだけで,あとはずーっと無料で使えます。

この①~③を組み合わせると,安くて8980円から,
高くて43000円くらいまで価格が変わります!
As you likeですな。樹形図書きたくなる。笑

さらに,時期によってプライム会員は安くなったり,
プライム会員じゃなくても割引で2000円ぐらい安くなったりして
お得な時期に買えば安く買えるみたいです☺

この辺はいろいろ調べて…自分にはバックライトがあったほうがいいとか,
Wi-Fi環境あるから3Gいらないとか,
悩んで検討した末に,先述のPaperwhiteにしました。

こうやって悩んで考えて家電買うのって楽しいよねーw
(人によると思うけどw)
私はこういう作業が大好きなのでうはうはして買いました(笑)

結果,Paperwhiteにとても満足しています('ω')ノ

明日はkindleのよさについて,写真付きでお伝えしますw
どうでもいい人は華麗にスルーしてあげてくださいw

伊豆に行ってきました⑤ 大室山リフト

伊豆旅行記,これで最後です。

シャボテン公園のあとはお隣の大室山へ。
大室山は,wikipediaによると,

大室山(おおむろやま)は、静岡県伊東市にある標高580mの火山。独立峰で山焼きが毎年行われるため一年生植物で覆われてよく目立ち、伊東市のシンボル的存在である。山体は国の天然記念物および富士箱根伊豆国立公園に指定されている。

とのこと。コピペ楽だわ…

近くで見ても普通の山と違ってかなり目立つ!なにこれ?!って感じ。
そしてリフトに乗って天上へ向かう人々…
大室山の上にいったい何があるというんですか?(by村上春樹)

リフトに乗ると,5分ぐらいで頂上へ。
(リフトから見える光景)

そこで見たものは!

すごーいすごーい
ここは別天地!雲の上!?

散策路には雲が流れてきて,大魔境(シャボテン公園)の次はドラえもん雲の王国!!!
地蔵尊も配され。うへえーーこりゃあいい。信仰しまくりたい!

実はてっぺんについたのが,終了15分前。
一周するのには20分かかるとのことで,
散策路を走って一番高いところまで行きました。
息切れして死ぬかと思った…

そして真ん中のくぼみ部分はアーチェリー場になっているらしい。
なんだこの楽しさ。愉快さ。最高じゃん。

(↑くぼんでるところがアーチェリー上。もわもわした白いものが,雲)

一押しです,大室山。非現実感半端ないです。
もともと行く予定なくなんとなく行ったんだけど
一番印象に残りました。笑


(下りのリフト)

というわけで伊豆旅行の全工程でした。
書かなかったけど下田のペリーロードも自転車で散策した!
静岡は広くていろんなところがあって楽しい。
次は西部に行ってみたい!浜松餃子!

-Fin-

#ゴールデンウィークの思い出

伊豆に行ってきました④ 伊豆シャボテン公園

伊豆の旅行記4弾。次で終わり。

天城越えをして,伊豆シャボテン公園へ。
一緒に行った人が無類のサボテン好きなのでサボテンのメッカ
(生産地のメッカは愛知県春日井市だけど)と言っても過言ではない?

ここは動物とサボテンがいっぱーいのワンダーランド。
意外に歴史が古くて,1959年開園とのこと。
親子やカップルでにぎわっていました(=゚ω゚)ノ

動物の放し飼いゾーンが多くて,自由で楽しい感じでした。
動物が近い!
駐車場にクジャクが歩いてて危なかった笑

カピバラもこーんな近くに。触れる。ぜんぜん嫌がってなかった。


このフクロウは一日の95%をじっとして過ごすらしい…

動物の展示もすごいけど,シャボテン公園というくらいだから
サボテンの温室もすごかった!
かなりの種類のサボテンが原産地ごとに館を分けて栽培してあって
どこを見ても見渡す限りサボテン!って感じ。


(カビではない)

(イソギンチャクではない)

すぐとなりの大室山が噴火したときにできた岩壁にサボテンを地植えし,
メキシコ古代文明のレプリカを配した
かなり趣のあるコーナーも。
(火山岩だから水はけがよく,保温力もあって,サボテンを植えるのに
適しているのだとか。)
ドラえもんの大魔境を思い出しますがな…。



クジャクが鳴いて飛びまわっていた。ここはどこ。ここはメキシコか。

そしてここで一番楽しみにしていのは…サボテン狩り。笑

サボテン狩りという名の,「お好きなサボテン寄せ植えコーナー」ね。笑
砂地に浅く植えられたサボテンをお箸でちょいちょい取って,
スタッフが寄せ植えしてくれるっていうー。
なんともエンターテイメント!

そんで作ったのがこれ。
↑乙女心(セダム),←十二の巻(ハオルチア),→海王丸(ギムノカリキューム)

可愛い~ぷりっぷりで可愛い~
枯らさないように頑張って育てる~~~

シャボテン公園はかなりクオリティ高かった!!
結構古くからある施設だけど,型にはまっているような古さを
感じなかった。看板や建物など一部古そうな場所もあったけど
ちゃんと更新されていることが感じられた。さすが私立!笑
時間があんまりなくて動物全部見れなかったけど,
結構楽しめる場所だと思います('ω')ノ

明日へ続く。

#ゴールデンウィークの思い出

伊豆に行ってきました③ 旧天城トンネル

まだまだ続く,伊豆旅行。笑

二日目は,浄蓮の滝,旧天城トンネルからスタート!
このコースは,「天城越え」コースですな。

天城越えって,この天城越えよ。


余談だけど最近読んだ伊藤比呂美さんの「閉経期」に
この天城越えの歌詞がエロいという話題があった。笑
不倫する男女が身体の関係がよくて別れられないっていう感じ,
経験豊かな女性には手に取るように分かるらしい…(笑)

頭の中がお花畑の自分には「?」って感じだったけど,
それを念頭に置いて,ネットで歌詞を調べて読んでみたら
「ほほう…(わかったふり)」って感じだった。笑

この歌詞の中に「浄蓮の滝」ってあるんだけど
その浄蓮の滝も観てきました。

じょぼぼーー
観光客でにぎわってました。

この滝の近くではわさび栽培がすごかったーーーー


わさびアイスクリームを食べたかったが,
時間が早くてアイスクリームが固まってないとかで
食べられなかった…(´・ω・`)

そして,旧天城トンネル。

トンネルに行くまで,旧道みたいな道(いわゆる酷道だ)を通っていくんだけど
そこは砂利の道で車が揺れまくるw

そしてトンネルは車1台がやっと通れる幅で,
向うから車来たらアウト―――!って感じでしたw
(幸いにも,車は来なかった)

私達のほかにも,バイクの人たちが4,5人で来て,写真撮ってました。
バイクは狭い道もすいすいだからいいなあなんて
横目で眺めつつ。


トンネルは歴史を感じさせるたたずまい。
それもそのはず,このトンネルができたのは1904年!112年前!
川端康成の「伊豆の踊子」にも出てくるらしいー。
ふるーいトンネル好きにはたまらないね(=゚ω゚)ノ

ちなみにここ,完全に心霊スポットだったみたい。笑
(熱海秘宝館といい,天城トンネルといい,完全にB級スポット巡り)

旧天城トンネルで検索しようとすると,すぐに「心霊」って出てくるわ。笑
もちろん昼間だったから何も起きなかったよw
ただめっちゃさむかったーーーーw
夜行ったら本当に怖いと思う,トンネル内以外は電灯ないし。

天城越えをして,次は伊東へ向かう。(明日につづく)

#ゴールデンウィークの思い出

伊豆に行ってきました② クレマチスの丘

昨日の続きです。

熱海秘宝館でげんなりした後は笑,
三島のクレマチスの丘に行ってきましたw

ここめちゃくちゃいいのーーー
地上の楽園とはここか?!という感じw
秘宝館からの落差激しいwwwww

エリアがいくつか分かれていて,それに応じてチケットも分かれていて,
私は庭園+ヴァンジ彫刻庭園美術館のチケットを買いました。

庭園の手入れは隅々まで行き届いていて,
洗練されていました…!
庭園に配置された彫刻の美しいこと。

癒されーーーるーーーー
(↓画像がサムネイルになっているものは,
クリックすると高解像度の画像になります。
デジイチで撮ったものです。)
 
DSC_0103_20160504221633c5e.jpg 

DSC_0104.jpg 

DSC_0112.jpg 

庭園そのものが美術館になっているんだけど
美術館の「建物」もあって,その中には珠玉の彫刻と,企画展が。
どれもこれも面白くて,食い入るように見ました。

DSC_0108.jpg 

DSC_0106_20160504221637e2e.jpg

 

fc2blog_20160505000948cab.jpg 

彫刻はエネルギーがあって良い。
前は絵の方が好きだったけど,最近は彫刻も好き。
ヴァンジの作品は,どれも美しい流線に,躍動感があって
生き生きとした生命(時に生き生きとしていないけれども)が
表現されていて心惹かれました。
うん,やっぱ,こういうやつのほうが好きだ。笑

そして庭園の中で,初夏の緑に輝く植物,
咲き乱れる花々の中でいただくハーブティ…
(お茶できるところがある)


最高!!!!!

ここはまた来たい!そして美術館も全館見たい!(4つある)
と思ったのでありました。
デートスポットとしては,間違いなくこちらの方がおすすめでありますw
ネタとしては熱海秘宝館の方が面白いけどねw

夜は沼津港で生シラスドーン!@DONどこ丼

生しらす生まれて初めて食べた。
ぷりっぷりしてて,シラスじゃないみたい。
おいしいけど,釜揚げしらすの方が好きだ…!(ドーン…)

明日につづく。

#ゴールデンウィークの思い出

伊豆に行ってきました① 熱海秘宝館

5月の2日,3日と静岡に行ってきました。
沼津,熱海,三島,下田,伊東と伊豆半島を中心に,静岡の東の方を
ぐるぐるしてきました('ω')
名古屋方面からだと,浜松や静岡はまだ近いけど,
東の方って本当に遠いのな…!

さて,初日は熱海,三島,沼津を巡ったんだけど
この日の目玉は何といっても熱海秘宝館

秘宝館の存在は,マンガ家の武井宏之(シャーマンキングの人ね)が
ちょいちょい秘宝館って言葉を使っていて(アシスタント募集欄に「秘宝館あり」って書いてたらしい,どこで使ってたかググって思い出した)そこで初めて知り。

wikipediaによると,「性風俗や人間の性・生物の性に関する古今東西の文物を収蔵した施設のこと」だそうで。

まあ簡単に言うと18禁の博物館

昔は全国に20以上あったらそうなんだけど,現在はなんと
熱海秘宝館ただひとつだそうで。

これは絶滅もそう遠くないかなと。
現存するうちに行ってみたいなと。

というわけで,行ってまいりました。

熱海秘宝館は,リゾート感たっぷりのホテルが立ち並ぶ
海からそう遠くない場所に建っていました。
ロープウェイで小高いところにある建物まで行き,
そこの3階にありました。

ロープウェイも結構ぼろくてどきどきした笑。
ロープウェイの中はメロディアスな音楽が流れていました笑。

(↑ロープウェイから見える光景)

(↑熱海秘宝館から見渡せる景色。なかなか見晴らしがいい!)

ちなみに,入場料,1700円
高い!!!
ロープウェイ付きだと,1800円。

ぐぬぬ…って思わずひるんだわ。
だって1700円って。ミニシアターで映画観れるし。美術館より高いし。
それほどの価値のある場所か?!
でも,日本でただ一つ…と思って,腹を決めて払いましたわ。(大げさ)

ちなみにHPの割引券を使えば200円引きになります。
使わない手はない!!!

残念ながら,館内は撮影禁止なのれす。
だから写真はありません。
外からの写真ならちょこっと。

(↑止まっている車は無関係です)

まず,ロビーにはかなりたくさんの有名人のサインが。
これだけB級感あふれる施設だから,そりゃロケなりなんなり来とるわな。
ネットで「蛭子能収さんのサインが…」という事前情報を得ていたので
気になって探したら「あぁ…なるほど」って感じでした。笑
ぜひ行ったら確かめてみてください。笑

お客さんは男性,カップルの姿が目立ちました。
カップルの中には外国人観光客も居ました。
私が行ったときは男女比1:1に近かったです。
女性だけってのはほぼいなかった気がします。
年代も,若い人たちから,中年まで,いろいろいました。

最初の方は昔の道具やら文化やら春画やらを集めてありました。
意外に歴史も織り交ぜてて真面目やん,って思ったけど
そんなに解説はありませんでした…笑

全体的にはすがすがしく,アホらしい感じでした。
ここまで手をかけて,これを見せるか?!っていう脱力感。
お金をとるアトラクション?が多いのにムキーッ!って思いました。笑
お金入れたのに,故障していてちゃんと動いてくれないのがあって
さらにムキーッwwww

男性は結構むらむら?するらしいけど
私は終始ポカーンって感じで終わりましたw

それよりも,こういう社会的には秘め事のようなものが,
開かれた場所に展示され,
そこに見ず知らずの老若男女が集い,
一丸となって見る,
みたいな非日常感が不思議でなりませんでした。
こんな場所,他にある?

変な動画?が放映されているゾーンに集う老若男女。
なんぞw シュールw

案外,自分はこういうの苦手なのかもしれない…と思った。笑
苦手?なんだろ?特に「ふーん」って思うだけ?
繕っているわけでもなく,「ふーん」って感じで。
得意とも苦手とも思ったことなかったわ。

きっと男性が行ったらもっと楽しいと思います。笑
でも,いつか日本からなくなってしまうかもしれないので,
人生で1度くらいは行ってみてもよいかと思います。

私のレポートは貧弱なので,詳しいレポートを掲載してある
URLを参考までに掲載しておきますw


#ゴールデンウィークの思い出

松岡修造の本

ついに?松岡修造さんの本を買ってしまいましたw

松岡修造さん好きなんです。
テニスプレーヤーの時は,テニスがわからないから興味なかったんだけどw

去年,CCレモンの企画で100人分の名前を呼んで励ます動画
やっていて,それが面白すぎたのと,
(残念ながら自分の名前なかったけど人のやつを見まくったw)
そのフルバージョン↓を最近改めて観たんだけど…




暑苦しい,熱血すぎるんだけど,脱力してなんだか元気が出たんだよね。笑
この動画には相当励まされた。

頑張っているときに頑張れって言われるのはふつうは
カチンときたり,ふーん…って気分になるんだけど
このがむしゃらに応援してくれる感じ。
かえって笑えてきて,悩んでてもしゃーないwという気分になるんだよね。

で,そんな松岡修造さんの本。

松岡修造「本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント」

買っちゃったw
kindle月間セールで,4月は299円!というお安さ。(今はもう通常価格に戻ってます)
思わずポチッとしちゃいました\(^o^)/

もうほぼ一気読みしてしまった。

松岡修造… 見くびってました!
めちゃくちゃいいこと書いてある!
って抽象的でサーセン。

まず,書いてある本の言葉が全部松岡修造の声で再生される(のは私だけか)。
かなり謙虚な語り口。そして理論的。
テレビだとおもしろ~いテンションたか~いって感じだけど
若そうに見えてもう48歳だし笑,元トップアスリートだから,人生経験も豊富で。

無根拠な精神論じゃなくて,トップアスリートが実践してきた
メンタルコントロールのための具体的な内容
(セーフティブランケットを持つこと,思いを言語化すること,等々)も書いてあるし,
ちゃんとビジネスパーソンが実践できるように言葉を変えて書いてあったりして。

コラムには各スポーツ界のトップアスリート(北島康介,上村愛子,錦織圭,クルム伊達君子,イチローなど)のメンタルの強さの秘訣なんかもあったりしてめちゃくちゃ勉強になった。
スポーツにまったく興味がない,スポーツから対極なところにいる私だけど
なんだ,スポーツ界も,ビジネス界も,やっていることは違うけど
メンタル面では参考になることありまくりじゃん!って感じでした~

修造さんが根っからの明るい人じゃなくて,むしろメンタルが弱いと言われていたからこそ
自分のメンタルを鍛え上げるために努力してきたこと,
失敗から学んだことが説得力をもって響いてくるんだなあと。

芸能人とかの本とか精神訓とかほぼ読まないんだけど
これはいい本だったと思う。


ちょっと前に,プロ棋士の人に関する本も読んだのね。
文芸春秋の羽生さん特集。

別に私将棋興味なかったんだけどたまたま人が貸してくれて
嫌々読んでたんだけど…

これも参考になることありまクリスティーだった。
通読できなかったのと,もう結構前だから半分内容忘れてるんだけどw
だから詳細は書けないけどw

言いたいことは,スポーツ界であれ,将棋界であれなんであれ
第一線で活躍し続けている,してきた人とかって
やっぱり血のにじむような人並み外れた努力をしてきているんだよね。ってこと。

凡人である自分はそこまでやれることはないかもしれないけど,
そんな一流の人たちから学び,ちょっとでも日常生活に取り入れていって
生活を,人生を,豊かにできたらいいなってこと。
ビジネス界の啓発本は読み飽きた\(^o^)/こっちがいい\(^o^)/

中原中也の誕生日

4/29は中原中也の誕生日だった。

誕生日が近くてうれしー(笑)
4月生まれって案外いるんやね。

たまたまその日に中原中也に関する本を読んでいて
生年月日見たら今日やん!って思ってわかりました。

とはいえ,私,中也の詩は古典すぎてなんだかよくわからなくて
集英社文庫の「汚れつちまった悲しみに…」くらいは持ってるんだけど
全部ちゃんと読み通してないっていうね。

詩に関心を持つ前に,「知識人は詩ぐらい読むものだ」と
かっこつけて古本屋で買いました。知識人ぶってね。
でもずっと積読になってました。意味ないよね。

最近になって伊藤比呂美さん(また出てきたよ)が中也に傾倒していた
時期があったと知って,そんなら読まんとなと思い
再び手にとったのでありました。

以前私は歴史好きだと書いたのですが
やっぱり一番に気になるのは,詩人の経歴であります。
どういう人生を歩み,どういう価値観を持ち,どうしてこんな詩を作ったのか
それがわかると詩を読むのがいっそう楽しくなる。気がする。
詩だけで純粋に鑑賞できる技量を,まだ持っていないってことでもある。笑

中也に関する本は先日も読みました。
佐々木幹郎さんの,「中原中也 悲しみからはじまる」(みすず書房)という本です。

ゴシップ好きの私は,中原中也と,批評家の小林秀雄と,女優の長谷川泰子の三角関係が
気になってしょうがなくて。笑
中原中也も小林秀雄も教科書に名前が載ってるような人なんだぜ。
先述の本は,その三角関係についてもそこそこ踏み込んで書いてあったのでよかった。笑
まあそういうのも芸の肥やしになるんやなと思いましたわ。

谷崎潤一郎もワケワカンナイ私生活だったしね。
ニーチェだってよくワカラナイ同棲生活してたし,
赤塚不二夫だって謎の3人生活してたしね\(^o^)/(だから何)


さて,話は戻りますが,集英社文庫の「汚れつちまった悲しみに…」。

文庫巻末の鑑賞文として,作詞家の秋元康の文章が掲載されているのだけど
…じぶんのことしか書いてないやん。中也のことなんて全然書いてないやん。笑
秋元康の青春時代なんていいよ。(ファンの人?ごめんなさい。)

そして,1993年の集英社文庫の「ナツイチ」のイメージキャラクターは







若かりし松岡修造だったのだ…!!!!!
くうー!最高やないかーーー!


ってことがわかりました。おすすめです。