FC2ブログ

2016年を振り返って

トラベラーズノートについて書く前に大晦日なので笑

2016年は,近年まれに見る結構大変な年だったと思う。
あれかな,大学受験以来って感じ。
でも,結婚も出産もしてないのに,「大変な年だった」とはもはや言いづらい感じになってしまったけど。。。(笑)
(でも,大変かどうかは客観的な問題じゃなくて主観的な問題だから,私の人生上ではかなり大変な年だった。)

年明けから4月くらいまでは,病んでましたね。(正しい意味で)
不眠とか過労とかいろいろで病院に通ったりもしてた。
ちゃんとご飯をたべて規則正しい生活をしていたんだけど・・・睡眠時間が短かったし,
脂質を取らずに糖質ばっかりとってる生活だった気がする。(笑)

で,まあ,今はすっかり良くなったんだけど。
自分の健康について改めて考えさせられる1年になりました。

相変わらず睡眠時間は短いんだけど,無理して活動しすぎないよう,
この年末は結構ゆっくりするようにつとめてますー
絶対どこか出かけたくなっちゃうんだよなあ。。。


そしてこの1年,大切にしようと思っていた言葉があって,それは,

「たいせつなのは,じぶんのしたいことを,じぶんで知ってるってことだよ。」

っていう,スナフキンの言葉w

(年末から年明けにかけてムーミンシリーズを読みまくっていた)

自分はいったい何がしたいのか。ということを自問自答し続けた1年になりました。
そして現時点でのこたえは,見つけることができたと思う。
何のために働くのか,何のために勉強するのか,自分の生を通じて何を実現したいのか。

フランクルの言葉を借りれば,自分は何のために生きるのか,と問うことは間違っていて,
自分にもうすでに与えられているものに応えていけるようにしたい。


そして今年大きかったのは,詩との出会い。
これまであまり詩は読まなくって,完全に思いつきで始めた詩だったけど
新しい世界を開いてくれて,世界への見方も変わった。

これまで,効率とか合理的とか,そういう言葉が大好きで,非効率や非合理は排除し続けてきた。
もちろん生きていく上で効率的であったり合理的であることはとても大切なことだけれど
それだけでは豊かになれないということを知った。

本当ならば,自然と詩が沸き起こってくるのがよいのだろうけど,私はあいにくそんなにセンスがないので(笑)
詩を書くために自然に触れたり,改めて周りを見つめたりするのだけれど
すっかり裸になった落葉樹を見て,いつも通っていた街路樹にじつは楓と銀杏の2種類が植えてあったことを知り
そのことにまったく気づいていなかった自分に驚いたりした。笑
(いつも見ているくせに,何か植えてあるなーくらいしか思っていなかった。。。)
裸になった木でも,楓と銀杏ではまったく枝ぶりが違っていることに改めて気づいたり。

いつもならふーんって思って立ち止まらないことにも立ち止まって
自分の驚きや感動を記しておいたりと
だんだんと「書かずにはおれない」仕様になってきています。

世界はまだまだ驚きと発見に満ちていて楽しい。


いっぽうで,伝えないといけない言葉もたくさんあるので
来年はますます飛躍できるよう,努力を続けたいと思う。

「なんで,つらいことを続けるの?」って人から聞かれたことがある。
私が苦しみながら詩を作ったり,英語を訳したりしているからだ。

自分を追い込んで苦しむのが好きだからだ。

だからこれで正解なんです。


来年もまた新しいことに挑戦する予定です。
皆様よいお年を。
スポンサーサイト

2016年のほぼ日

今年,ほぼ日を使い始めました!

1年間,なんとか頑張って埋めました(笑)
あとから絵を描いたページや,クソみたいなことしか書いてないページもあるけどな。。。
最初のころは持ち歩いてたから,一生懸命いろんなことを書いてたけど
最近は重さに辟易して,持ち歩いてなくて家置きで書いてるから,
ちょっと鮮度が落ちている気はする・・・けど,記録することで特別な1日になるような気はするよ。
これまであんまり手帳が続かなかった私には,1年間続けられたことは意外だった。

こんなかんじ↓

(上段)来年のほぼ日(シャーベット)
(下段)今年のほぼ日(カスタード)

そんなに貼りまくるタイプじゃないからあんまり貼ってないんだけど,
それでもそこそこ膨らみましたね。

来年もひとまずほぼ日買ったけど,
1年間続いたからと言って今後もほぼ日をずっと使い続けるかはわからない。
他のフォーマットの方が合っているかもしれないから
これからも見直しは続ける。

ちなみに,この2017年のほぼ日のシャーベット可愛いよね~
先日店頭で見たらもう置いてなかった。しばらく在庫ないみたい。(また後日入荷する)

前にも書いたけど,今年は結局3冊(+1冊)持ちになってしまった。。。手帳どんなけ持っとるんや!
①ほぼ日…ライフログ用
②トラベラーズノート…持ち運び用(マンスリー)
③ラコニック「仕事計画」…仕事用(バーチカル+メモ)
④「星ダイアリー」…閲覧用(?)

トラベラーズノートも物欲に負けて買ってしまったよ。orz
本当ならほぼ日か,トラベラーズノートかのどっちかにしたいところだけど。

トラベラーズノートはトラベラーズノートでとても便利。
トラベラーズノートについては,次の記事に分けて書くことにします。
来年はちゃんとすみわけしっかりして,活用する!

2016年に読んだ本をまとめる

まとめられるかわからないが。絶対にこぼしていると思う。

とりあえず,ここで言う「読んだ」は,通読したということに限定する。
他にも全部読んでなくて部分的に読んだ本とか,雑誌とかはいろいろ読んでます~

1月
木田元「ハイデガーの思想」
鷲田清一「じぶん・この不思議な存在」

2月
石井ゆかり「3年間の星占い」
トーベ・ヤンソン「ムーミンパパ海へ行く」
トーベ・ヤンソン「ムーミン谷へようこそ」
「美術手帳 トーベ・ヤンソン」

3月
茨城のり子「詩のこころを読む」
寄藤文平「元素生活」
トーベ・ヤンソン「ムーミン谷の11月」
「ポケット詩集」
鷲田清一「哲学個人授業」

4月
石垣りん「表札など―石垣りん詩集」
伊藤比呂美「伊藤比呂美詩集」
伊藤比呂美「伊藤比呂美の万事OK」
伊藤比呂美「ラヴソング」
伊藤比呂美「とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起」
伊藤比呂美「閉経期」
伊藤比呂美「女の一生」
最果タヒ「夜空はいつでも再高密度の青色だ」
トーベ・ヤンソン「大きな洪水と小さなトロール」
松岡修造「本気になればすべてが変わる」

5月
伊藤比呂美「犬心」
伊藤比呂美「父の生きる」
小池龍之介「考えない練習」
「100分de名著 サルトル 実存主義とは何か」

6月
暁方ミセイ「宇宙船とベイビー」
三角みづ紀「夜の分布図」

7月
最果タヒ「少女ABCDEFGHIJKLMMN」

8月
石井ゆかり「星占いマルジナリア」
京極夏彦「遠野物語remix」

9月
「マンガでわかるニーチェ」
三角みづ紀「よいひかり」

10月
小池昌代「通勤電車でよむ詩集」
平田俊子「詩、ってなに?」

11月
最果タヒ「きみの言い訳は最高の芸術」
まど・みちお「人生処方詩集」

12月
ジブリロマンアルバム「未来少年コナン」
hippo「心に太陽を くちびるに詩を」
吉川卓治「『子ども銀行』の社会史」


とりあえず記録があったのはこれだけ。
意外に少なかった。。。

言い訳だけど(誰も求めてない)大学がある時期は
あまり文芸書が読めない(研究書を読むのと英訳で時間がとられる)のと,
通勤時間にラジ英を初めてからはちょっと読書の時間が減ってしまった。

あと詩集はなかなか通読できない。できないというかしない。
連続してダーーーって読むより,その時の心情に合ったものを
拾い読みしてる。ので,中原中也とか,谷川俊太郎,吉野弘とかの詩集も
ダラダラ読んでいるよ。


来年は大学をしばらくお休みして,生活に集中する(?)ので,
もう少し本が読めたらいいなあ。

読書ノートもしばらくつけてない。。。
2015年は哲学本を一生懸命読んでいたので読書ノートも付けていたけど
気軽な気持ちで文芸書を読むようになってからはつけてない。。。(;´・ω・)
文芸書だって面白いこといっぱい書いてあるのにね。
ノート・手帳大好き人間なので2017年はもう少し活用できたらいいなと思う。


ちなみに,上記の本の中で,今年のベストを選ぼうと思ったんだけど・・・

・・・選べなかった。
よく言えばどれもよかった。悪く言えばこれだーー!って思う本がなかったのかも。

来年もがんばります。

未来少年コナンが最高すぎる件

ここ2週間くらい,未来少年コナンにどっぷりはまっておりました。

未来少年コナンとは。。。

・1978年放映,全26話
・監督:宮崎駿
・製作:日本アニメーション
・放送局:NHK

というアニメです。1978年なので,約40年前!!のアニメだったのね。

私が未来少年コナンのことを知ったのは,多分,15,6年前。
小学校高学年くらいのときに,姉が,アニメディアか,アニメージュか忘れたけど
何かアニメ雑誌を買ってきた。
アニメ雑誌なんてものがあるってことを知らなかった私は,好奇心から見せてもらった。

そこに掲載されていた,小さな未来少年コナンの記事。
時期からして,テレ東とかでの再放送についての記事だったと思うんだけど
それを初めて見たとき,「このアニメ絶対面白い!!」って思った。
コナンとジムシィが出会う3話のワンシーンが掲載されていたと思う。
その時初めてみたジムシィ(当時は名前も知らなかったけど)が気になって,気になって…

残念ながら私の居住エリアではテレ東が映らず,
GEOとかで並ぶアニメDVDを見ては気になっていたけれど,
当時はそんなアニメシリーズ(全7巻)のDVDを見たいなんて親にも言えず…
(だって7巻分も連続で借りに行く財力と借りるための交通手段がいるでしょ笑)

そうこうしているうちに記憶の彼方へ・・・・


で,今回アマゾンプライム会員になってアマゾンビデオを見ていたら発見した
未来少年コナン!!!!

これは観たい!と思って見始めたらもうどっぷりはまってしまった。

そりゃ突っ込みどころがないかと言えば多少あるけどw,
面白いのなんのって。

私の中での宮崎駿熱は,ハウル以後すっかり下火になっていて,
結局最初のナウシカとラピュタを超えられず。。。
(せんちひも好きだけど結局初めてラピュタを見たときの衝撃には到達しなかった)

新しいアニメ作品もバンバン出てきて
時代も遷り変っていくのよな・・・なんて思っていたところ

このコナンには初期の宮崎駿のエッセンスが余すところなく詰め込まれており
やっぱり宮崎駿,すごい。って思った。
結局初期の宮崎駿が好きなんだろーなあ。。。冒険活劇的なやつ。
登場するキャラも,のちの宮崎作品の原点になったのかなって思うような人もいたり。
(ラナはシータでレプカはムスカ。。。世界設定自体がナウシカっぽい)

わくわく,ハラハラして,泣き所もかなりあって,
青山剛昌にうらみはないが,なぜコナン・ドイルから名前を取ってしまった・・・と思わざるをえなかった。笑
(※名探偵コナンと名前がかぶり,コナン=名探偵をいう印象が日本中を席捲した件について。
それだけ名探偵コナンも素晴らしい作品だということなんだろうけど。)


きっとふだんこのブログを読んでいる人は,これから未来少年コナンを見ないだろうし笑,
あとは「未来少年コナン」で検索してたどり着いている人が読んでいるだろうから
ネタばれも臆さずに以下に感想を記す。


・ジムシィが愛らしすぎる。やっぱり初めて雑誌で見たときから気になっていたキャラ。
だらけてて,しょーもないところもあるけど,コナン愛は半端ないし,素朴すぎる。
そしてテラとのやりとりがほほえましすぎる。養豚業を頑張るってところもキャラに合ってていい。

・コナン,不死身すぎる。このアニメにケチをつけるとするならば,ココwww
不死身だからアニメなんだろうけど,人間離れしすぎていて,リアリティが途中からなくなってきたw
爆発とかに巻き込まれてもどうせコナン死なないだろ?って気分になったw
コナンはすごくまっすぐで,好きなんだけど,いくらなんでも不死身すぎるw
三角塔から飛び降りるシーンでは,あんな高いところから飛び降りて平気な人間っていないのでは。。。

・ラナ,いい子すぎる。たまに「もういいよそのいい子はw」って思うくらいに。
「コナーーーン!!!」って目を潤ませながらしょっちゅう叫んでたけど,上の理由により,
どうせコナン死んでないって思ってるだろ?という穿った大人の見方をしてしまった。
コナンとラナが人間離れしすぎているんだな。。。

・ダイス。3分の2くらいまでは,こいつしょーもないやつだな。って思ってたけど,
最後の方ではだいぶいい人になった。みんなでインダストリアから脱出~ラストでは
ジムシィとのコンビで大活躍。ここでみんなダイスの活躍を目で追うようになっただろう。
モンスリーとのやりとりにどきどき。ちなみに声優は2014年に亡くなった,
初代波平の永井一郎さんなんだけどめちゃくちゃいい。やっぱ名声優だ。

・モンスリー。このアニメでじつは一番人気なんじゃなかろーかと思う。
最初はひたすらに嫌な奴に見えてたんだけど,後半,アイデンティティの危機を乗り越えて
自分がどのような人生・幸福を望んでいるかについて気づいてからは(と私は見た)
昔の「モンスリーちゃん」が復活。そこからはひたすらかわいい。
最後の方はナウシカにかなり近づいてた。。。笑
ダイスとのやりとりにキュンキュン。宮崎駿の描く強い女性ってなんでこんなに魅力的なんだろう。
ちなみに年齢設定は28歳だった。同い年やんけ。。。

・コナン,ラナ,ジムシィはキャラが割と一貫しているけど,このダイスと
モンスリーが変わっていく姿も,ストーリーを魅力的にしている要素だと思う。
子どもじゃなくて,大人が変わっていく姿,そこに心打たれる。

・ストーリー全体としては,ハイハーバーに着いたところで,平和ボケしててなんかたるいなあって
一瞬思ったけど,すぐ終わって冒険活劇が復活したww
というわけで全体的に息つく暇もなかったです。

・乗り物類も光っていた。特に目立っていたのは,ファルコとギガントだろう。
モンスリーがギガントからの攻撃をかわしながらファルコを操縦するシーンは
かっこよすぎた。空の女モンスリー!
一方,ギガントはあまりにも壮大。案外,コナン達の人力による破壊で壊れたけど,
そのグロテスクな見た目や,永遠に飛び続ける空中要塞というコンセプトは
観る人を惹きつける魅力をもつ。


すいません長くて。

で,もう,すぐにメモリアルアルバムを注文したよね。。。
サントラも買おうか迷っている。プラモデルもほしい。ギガント机上に飾りたい。


ちなみに,未来少年コナンは,母もリアルタイムで見ていたというアニメだ。
当時,23歳で,結婚して数年後のこと。
へー。。。大人でもリアルタイムで観るんだ。って思ったけど
よくよく考えたら私よりも5つも若いやんけwwwwすいませんwwwってなった。


未来少年コナンロスです。世の中は逃げ恥ロスで盛り上がっているというのに。
(そもそも最終回も,テレビで逃げ恥やっているのに,イヤホンつけてコナンの最終話を
見てしまった。いつでもコナンは見れるのに,もう自分を止められなくて。
逃げ恥も時々見てたのに。。。)

さて,次は何をみようかな。