FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山・大阪へ行ってきたよ①

2013/11/2-3に,和歌山と大阪へ行ってきたよ。
今回,和歌山でどうしても「友が島」へ行きたかったのです!
友が島には要塞があって見学できるのだよ~

名古屋から友が島までは,

名古屋から近鉄特急に乗って大阪へ(2時間),
大阪から南海特急サザンという特急列車にのって和歌山市まで(約1時間),
和歌山市から鈍行に乗り換えて加太という駅へ(20分)。
加太駅から徒歩15分程度のところにある,加太港から友が島行きの汽船が出ています。

朝8時に名古屋を出て,島に着いたのは1時半ぐらい・・・
そう考えると結構長い旅だね(笑)

加太港周辺はすごくまったりしていたよ~

DSC_0007.jpg

汽船に揺られて友が島へ。友が島から眺める景色。

DSC_0010.jpg


友が島散策ルートの比較的最初の方で出迎えくれたのは第二砲台。
戦後米軍によって爆破されたため,崩れ掛けているそう。
崩れ掛けて危ないので,外からしか見学できません。

DSC_0019.jpg

ゴミが結構溜まってて,観光客が投げていったのか,なんなのか・・・うー。
でも整備するのにもお金がかかるんだろうなあ。


DSC_0024.jpg

灯台もありました。現役だそうです。


DSC_0042.jpg

島の中はこういう道がずーっと続いています。
すべて軍用道路だったみたい。胸熱・・・!


と,ここまでは外から眺める感じの施設ばっかりだったので
こんなもんか~と思っていたのですが次に訪れた聴音所は中まで見学できました。

DSC_0046.jpg

DSC_0048.jpg


DSC_0051.jpg

そこまで大きな建物でもなかったのだけれど
この劣化の具合が歳月を感じさせ
ここで本当に兵隊さんたちが闊歩していたのかと思うと
胸が熱くなってちょっと興奮してしまった。

切り抜かれた資料の展示とかと違って,肌で時代を感じたというか。
実際には靴底から伝わってくる感覚しかないのだけれど。


と,フィーバーしたところで
友が島でもっとも有名な第三砲台へ。

DSC_0103.jpg

ヒィ~ッ,ラピュタ感パネエ。
これ本当に明治時代に作られたんだろうか。
すっごく綺麗だよね。
煉瓦自体は劣化しているとはいえ,美しい構造になっているよねえ。


DSC_0097.jpg

奥には将校宿舎もありました。
将校はここで寝泊りしていたのか・・・。
普通の兵隊たちは,テントと言うか,木で建てた建物で
寝ていたのかな。


DSC_0072.jpg

↑この丸い穴のところに,砲台が据えられてあったそう。
弾薬庫へと通じる通路とか色々あったけど私は怖すぎてはいれませんでした\(^o^)/
好奇心旺盛な割に,チキンです・・・。


そしてまた第3砲台から歩いていくと照明所が。
とっても小さい。

DSC_0106.jpg

煉瓦が本当に綺麗で昔の建物とは思えなかったよ。

DSC_0115.jpg

with おまめんでわかる,スケール。
てかこの色みの服は要塞散策にピッタリだったねw



とりあえず友が島の写真はここまで。
本当はもっとたくさんとったけど,主なものだけ。

友が島から加太へ向かう最終の汽船は16:30で,これに乗り遅れると
帰れないのでやむなくこれに乗船w
時間の都合上,全部の砲台跡を散策できなかったのが残念。

このあと,淡島神社と和歌山城にも行ったけど,
それはまた次の記事にてw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。