FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あまくない砂糖の話」の話

今日,運動した記憶もないのに,脚やら背中やらに筋肉痛が…。

( ゚д゚)ハッ!

きのう映画見たからだ!!

~~映画と筋肉痛の関係はのちほど・・・~~~


というわけできのう映画見ました。

「あまくない砂糖の話」というやつです。公式ホームページはこちら

例の名古屋シネマテークで見てきたよ。鑑賞会員になったのは実はこのため。(笑)

ドキュメンタリー映画です。
「スーパーサイズ・ミー」(って私も実はよく知らなかったんだけど)みたいな,
出演者が身体を張って実験するドキュメンタリー。

オーストラリアの映画なんだけど,かなりの反響があったみたい。
どんな実験をしたのかというと…

●実験のルールは5つ(公式HPより)
1.1日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること
2.ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける
3.低脂肪ヨーグルトやシリアル等の「実は砂糖が多い食品」から摂る
4.必ず「低脂肪」の食品を選ぶこと
5.ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続けること


お医者さんの指導のもと,↑の実験を60日間試したとのこと。
このティースプーン40杯は,オーストラリア男性の1日平均なんだってサ。


もともとドキュメンタリー映画って結構好きなんだけど
これは飽きずに見れたな~(^◇^)

なんというか…見せ方に工夫がされてた。
あとお金かかってる感じした。笑
映像に工夫が凝らしてあって。普通,ドキュメンタリー映画って
明らかに低予算!って感じで普通の部屋で人が淡々と話してるんだけど
これはエンターテイメント風に見せててテンポよかった!!!

で,内容も,一応実験がメインなんだけど,
砂糖の本場(?)アメリカを訪れたり,
砂糖がアボリジニーの生活を破壊していったという砂糖にまつわる文化も
紹介したりしてて,大変興味深かったです。

食事・・・というかほんとうに身近な砂糖の影響の大きさを改めて思い知った…

最近ナショジオとかでも砂糖取りすぎ特集みたいなのあって
危機感抱いてたし,お医者さんからも砂糖控えよみたいな指導もあって…
(東洋医学では甘いものは身体を冷やす要因になるそうで…)
自己啓発のために見たけど効果てきめん。

と言いつつ・・・危機感はあおられたけどお菓子やめられまてん(´;ω;`)ブワッ

映画の話に戻ると,被検者?のガモーの身体には次々に変化が起こってくるわけなんだけど,
驚くべきことは,実験前と実験中では,摂取カロリー自体は変わらないんだよね。
脂質よりも,糖質の方がカロリー低いの。だから砂糖いっぱいとっても,
カロリー自体は変わらない。けど身体にはたくさんの変化が・・・
つまりこれの意味するところは,

ダイエットはカロリーだけ見ててもダメ

ってことなんだよね。
わたし,今まで完全にカロリーしか見てなかった(´;ω;`)ブワッ
糖質制限とか,今はやってるけど そういう方が効果あるんだろね・・・

フルーツとかナッツとか食べてても味気ないもん・・・
あまーいチョコレートとかクリーム挟まったクッキーとか
そういうやつ食べないと満足できん(+o+)

まあでもこの映画によると,砂糖と脳の関係も結構大きいみたいだから・・・
これからは可能な範囲でお砂糖控えたいところです。
(完全に抜くのは無理だろうで)



ですっかり忘れてましたが最初の筋肉痛の話に戻ると


私が「あまくない砂糖の話」を見に行ったのは公開2日目で,大盛況!
会場のシネマテークはボロボロでせっま~~い映画館なわけです(失礼)

で補助椅子が置かれてたんですが・・・・


座椅子(笑)


まさにあれ。L字型のあれ。

最初は「足のばせるしいいじゃん☆」って思ってたけど
100分以上も座ってるとお尻痛いのなんのって。

で変な姿勢を取り続けてたら今日筋肉痛になってしまったというわけだ・・・・。

映画館で座椅子で見るとは思わなかった・・・(そこではこれが普通なのかもしれん)

でもそんなふうにして見る映画もなんかわくわくして楽しいなと思ったのでした。

・・・筋肉痛にならなければね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。