FC2ブログ

穂村弘「はじめての短歌」

めちゃくちゃ面白い本を読んでしまった。

穂村弘 「初めての短歌」(河出文庫)



最近短歌にも興味を持つようになりまして。
というのは,結構詩歌の雑誌とかって,短歌も一緒になってくるんだよね。

で,短歌なんてあはれなもの私とは縁がないわ。
って思っていたけれど,この穂村弘さんという人の作る短歌は
今までのイメージとだいぶちがった。。。
新しい時代の短歌,という気がする。

短歌と言えば誰もが知っている俵万智さん。
「サラダ記念日」は教科書にも載っていてあまりに有名。
みずみずしくて透明感のある素敵な短歌。

穂村弘さんも今や日本の短歌界を牽引するスーパースターなのだけれど,
また俵万智さんとは違う流れというか
「教科書向き」な感じじゃないんだけど笑,サバイバル感,生きている感がある。


この本には,穂村さんご自身が作られた短歌は掲載されていないけれど
穂村さんの考え方はよく伝わってくる。
「生きのびる」ためではなく,「生きる」ための言葉,それが短歌。

巻末の山田航さんの解説に,「これはビジネス書だ」って書いてあるけど
本当にそうだと思う。
「短歌は役に立つ」。そう思う。(詩はそんなふうに思わなかったんだけどw)

ちょっと前に読んだ,平田俊子さんの「詩、ってなに?」というムックの企画で,
詩人じゃないいろんな人に詩をつくってくれっていう手紙を送るっていうのがあったんだけど
その後平田さんがご自身のTwitterで,
「政治家の心に詩があればこの国はもう少しよくなるのではないだろうか」
ということをつぶやいておられて,ほんとうにそうかもしれないなあって思った。


前回の記事と内容が重複するけど,
私もほんの1年くらい前まで,詩とか短歌とかに全く無縁の生活を送っていて,
ビジネスとか社会とか効率とかそういうものに一番価値を置いてた。
成果ももちろんそれなりに出して来た。
自分で言うけど笑,人からすごいね,さすがだね,って言われるような人間。

今もそれは大切なことだと思うけれど,徹底的な無駄の排除じゃなくて
生きる力も大事だと思う。「生きのびる」ためじゃなくてね。
両方あったらいちばんいい。片方だけ秀でているのも素敵なことだ。

今までビジネスのメガネで見ていた世界を,詩歌のメガネで眺めると,
新しい発見がいろいろあって楽しい。
これからは会社のクソみたいなできごとを短歌にしちまおうかと思う。笑


で,この本を読んで,私も短歌作りたいと思いました。

短歌なんてね。作れないだろうと思うだろうけどやってみる前に否定するのは悪い癖だ。
だからやるよ。とりあえず。

ふだん全然詩を作らない人に「詩,作ってみて」って言ってみんなが作ったら
どんなに楽しいだろうと思う。
評価を求める作品ではなくて,楽しみ味わうための創作。
それが人間として「生きる」ことにつながるんじゃなかろうか。

世界がどんなに変わっても,人の言葉には心を動かす力がある。
そんなことを感じたのであった。


余談だけど,この本のカバーデザイン,寄藤文平さんなのね。
寄藤さんと言えば,私の好きな「元素生活」や「ウンココロ」の人。
寄藤さんってこういうデザインもされてるんだなあ。。。
勤行集みたいなデザインだ。。。(いや,短歌集風のデザインなのか・・・)
良いと思います。


とても良い本からのスタートでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する