FC2ブログ

奈良美智 for better or worse

続きまして。

豊田市美術館で開催中の,奈良美智 for better or worse を観に行ってきましたよ。


奈良美智といえばこういう上目遣いの女の子のイラストだね。
このイラストのイメージしか,ないw

展覧会へ行けば,他のイラストもいろいろ見られるのかな…
奈良美智の初期の作品ってどんなんなんだろ…
って思って行ったけど,

その期待は裏切られw,
初期からずーーーーーっとあの絵ばっかりだったwww

だから展示の最初の方は面食らった。
他の作家によくある,「初期の作品は全然違うタッチ,
でも途中のこの時期からこの作風が生まれて」みたいなやつ,無かったwwww
初めからずっとあの絵www(あの絵ばっかり選ばれているのかもしれない。)

まあ正確に言うと,展示の一番最初は
奈良美智の蔵書と,おもちゃ・レコードコレクションが並べられてた。
子どものころ影響を受けたものたち,だそうだ。
ここで真っ先に感じたのは
 
「金持ちかよ…!!!」
だった笑。

大人までに集めたコレクションならわかるけど,
高校時代まで…って書いてあって
こんなにレコード持ってるの?蔵書持ってるの?ww
って感じでしたわ。

それはさておきw
今回の展示はほとんどが先の女の子の絵で,どれもこれも,似たよーな絵…
かと思いきや,よくよく見ると違うのである。

笑っているようで
悲しんでいるようで
怒っているようで。

髪型や服装もちょっとずつ違って,
子どものようにも
大人のようにも見える。
知らない子どもかもしれないし
知っている子どもかもしれないし
よく知らない女性かもしれないし
よく知っている女性かもしれないし
ただならぬ関係の女性かもしれないし
愛情で結ばれた関係の女性かもしれないし。

見る人の心を映す絵だなあと。
これまで真面目にしっかり見たことなくて,
女の子とか、子どもとか,そういう風に見えてたんだけど
いろんな見方ができて面白い。
(後でチラシをみたら,似たようなことが書いてあった。
そういうところが評価されてるらしい。)

そして,中には立体作品もあって,
奈良美智の作品は立体になると途端に面白さが倍増する。
立体にとても向いている絵だから立体作品はより面白さが引き立つ。
絵とはまた違って純粋に楽しめていいな。

これまで,正直好きでも嫌いでもなかったけど
面白いなあと思うようになった。

今回の展示の戦利品。↓
なお,中央は今回の展示のチラシ。


迷ったけどポストカードにしちゃった。
左上は立体作品の写真ポストカード,右下はミス・マーガレットっていう
名前の作品だったはず。
この絵だけでも,中央の子と,右下の子が似て非なる人物だということがわかるかな。
(え?同じに見える?www)

見る人の内省を引き起こすような作品も,面白いなー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する